アルバムレビュー

【アルバムレビュー】LUNA SEA/STYLE

投稿日:2018年12月8日 更新日:

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。

自身主宰のLUNATIC FEST.ではベテランバンドから若手バンドまでを巻き込み、日本のロックシーンに歴史的1ページを刻み込みました。活動再開後も、こうした形で『LUNA SEA』の活躍を見られるのは嬉しいですね。

 

今回は、『LUNA SEA』のアルバム、『STYLE』のレビューです。

 

stained-glass

全体概要

基本情報

アーティスト LUNA SEA
アルバム名 STYLE
発売日 1996/4/22

『LUNA SEA』活動休止前にリリースされたオリジナルアルバム。

 

収録曲

収録曲の一覧です。

# 曲名 演奏時間
1 WITH LOVE 5:13
2 G. 4:19
3 HURT 5:28
4 RA-SE-N 5:15
5 LUV U 5:23
6 FOREVER & EVER 10:28
7 1999 2:28
8 END OF SORROW 4:20
9 DESIRE 4:24
10 IN SILENCE 5:37
11 SELVES 8:00

演奏時間はトータル61:00。横須賀線で東京・逗子間とだいたい同じくらいの時間です。

11曲収録で61分という演奏時間は、1曲あたり平均5分半の計算で、なかなか長め。

 

レビュー

テンションメーター

アルバムを通して聞いた時のテンションはこんな感じでした。5段階評価で各曲のテンションを可視化してみます。

# 曲名 テンションメーター
1 WITH LOVE           4
2 G.           5
3 HURT           5
4 RA-SE-N           4
5 LUV U           4
6 FOREVER & EVER           4
7 1999           4
8 END OF SORROW           5
9 DESIRE           4
10 IN SILENCE           5
11 SELVES           4

#8、#9、#10とシングル楽曲は後半に連続して登場しますが(#10 『IN SILENCE』は後にシングルカット)、前半もそれに負けず劣らずの高クオリティ。

 

総評

本作『STYLE』、非常に濃いアルバムです。ラーメンで例えるなら、間違いなく家系ですね 笑。

内容が濃すぎて、初めて聴く方はおそらく胃もたれを起こすでしょう。場合によっては、11曲全てを聴ききる前にギブアップしてしまうかもしれません。

実は私も初めて聴いたときは胃もたれになりました 笑。本作『STYLE』の11曲を通して聴ききれるようになったのは、かなり時間が経ってからだったと記憶しています。

なにって、ねっとり系の曲が多いんですよね。#1 『WITH LOVE』からしてスカッと盛り上がることなく、家系ラーメンのスープのごとく、ゆらゆらねとねとしています。

 

ただ、これも家系ラーメンの定めですが、一度味を覚えるとハマるんですよね。あの濃い味を舌が忘れられず、仕事帰りについついお店へ足を運んでしまうという経験はけっこうあるあるではないでしょうか。

本作『STYLE』も、まさにそんな感じ。

ガッツリ音楽の世界に浸りたいとき、一番信頼できる思いで手に取ってしまうアルバムが本作『STYLE』です。

毎日の通勤通学のお供にするには少々ヘビーですが、遠距離出張の帰りに新幹線の中でゆっくり聴くには最高のアルバムだなと思います。

 

『STYLE』に収録されている各個別楽曲のレビューはこちらからどうぞ!

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/WITH LOVE

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/G.

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/HURT

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/RA-SE-N

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/LUV U

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/FOREVER & EVER

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/1999

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/END OF SORROW

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/DESIRE

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/IN SILENCE

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/SELVES

 

『LUNA SEA』のアルバムのレビュー、他にもやってます!

【アルバムレビュー】LUNA SEA/PERIOD 〜THE BEST SELECTION〜

【アルバムレビュー】LUNA SEA/SINGLES

【アルバムレビュー】LUNA SEA/EDEN

【アルバムレビュー】LUNA SEA/MOTHER

-アルバムレビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【アルバムレビュー】チャットモンチー/chatmonchy has come

キラキラしたかわいい女の子ではなく(失礼)、もっと素の女の子をシンプルなバンドサウンドで表現してきた『チャットモンチー』! 気づけば、数多く存在する部活動的雰囲気を持った現代ガールズバンドの元祖とも言 …

【アルバムレビュー】Every Little Thing/Time to Destination

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【アルバムレビュー】ゴールデンボンバー/ゴールデン・アルバム

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。 エアーバンドだけあって、演奏代わりの奇抜なパフォーマンスが目立ちますが、鬼才・鬼龍院翔による独特な視点の楽曲も魅力です。 このまま『 …

【アルバムレビュー】チャットモンチー/チャットモンチー BEST〜2005-2011〜

キラキラしたかわいい女の子ではなく(失礼)、もっと素の女の子をシンプルなバンドサウンドで表現してきた『チャットモンチー』! 気づけば、数多く存在する部活動的雰囲気を持った現代ガールズバンドの元祖とも言 …

【アルバムレビュー】相対性理論/シフォン主義

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。   メンバーの中ではボーカルの”やくしまる …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。