個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/CAN’T STOP CRYIN’

投稿日:2018年12月24日 更新日:

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!!

UKロック風のバンドサウンドアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二!

元々3人組のバンドでしたが、ギターが抜けて今は男女の二人組。女性一人+男性二人のバンドやユニットって、なぜか男性が一人抜けるケースが多いですよね(例えばドリカムとかELTとか)。J-POP界におけるあるあるの一つだと思います 笑。

 

今回は、『the brilliant green』の2ndアルバム『TERRA2001』の10曲目、『CAN’T STOP CRYIN’』の個別楽曲レビューです。

 

desperate

全体概要

基本情報

アーティスト the brilliant green
曲名 CAN’T STOP CRYIN’
演奏時間 3:43
作詞 川瀬智子
作曲 奥田俊作
編曲 the brilliant green

 

収録アルバム

アルバム名 トラック#
TERRA2001 10

2ndアルバム『TERRA2001』の10曲目に収録されています。

 

レビュー

跳ねるような軽快なリズムのバンドサウンドが特徴的な楽曲、『CAN’T STOP CRYIN’』。

楽曲の構成はかなりシンプルで、Aメロとサビの組み合わせを3回繰り返すという作りになっています。J-POPらしい盛り上がりのあるメロディーは当てられてはいないものの、Aメロ、サビでそれぞれ同じ単語を何度も使いまわしているので、かなりキャッチーに響きます。

 

ところで、本作『CAN’T STOP CRYIN’』の特徴的なリズムはUKロックバンド『OASIS』の『Lyla』を彷彿とさせます。私は本作『CAN’T STOP CRYIN’』を知るより前に『OASIS』の『Lyla』の方を知っていたので、”このリズムは『Lyla』っぽいな”という感想を抱いていました。

ですので、『the brilliant green』が『OASIS』の『Lyla』に影響を受けて『CAN’T STOP CRYIN’』を作ったものかと思いきや、リリース順的には『CAN’T STOP CRYIN’』の方が先に世に出ていたのです(『CAN’T STOP CRYIN’』が1999年、『Lyla』が2005年リリース)。

『the brilliant green』というバンドのサウンドが『OASIS』を始めとしたUKロックに影響を受けているのは確実かと思いますが、本作『CAN’T STOP CRYIN’』に限っては、UKロックの流れを先取りしていたのかもしれません。おそるべしブリグリ!

公式MVはyoutubeに上がっていませんが、Amazonで視聴できます。

 

『CAN’T STOP CRYIN’』が収録されているアルバム『TERRA2001』のレビューはこちらからどうぞ!

【アルバムレビュー】the brilliant green/TERRA2001

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/Tears

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/出逢った頃のように

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/この恋のかけら

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! ギラギラとした妖しい雰囲気はそのままに、復活後の彼らの楽曲には溢れんばかりの優しさを感じます。 離れ離れになっていた十数年とい …

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/キラーボール

2014年メジャーデビューの後、2015年に紅白歌合戦へ出演と、国民的なバンドへ成長していた矢先、例の不倫事件で世間のイメージが急降下してしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』。 とは言え、有名人が不倫 …

【個別楽曲レビュー】相対性理論/シンデレラ

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。 最初のミニアルバム『シフォン主義』の発表から10年が経とうとして …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。