個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】B’z/もう一度キスしたかった

投稿日:

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。

『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティスト・トータル・セールス(CD)が歴代1位という記録は最もインパクトのあるものではないでしょうか。

シンプルに、日本の歴史上最もCDを売り上げたアーティストが、この『B’z』というバンドなのです…!

CDという媒体自体が売れない時代になった今、この記録を塗り替えるアーティストが現れることはないかもしれませんね…。

 

今回は、『B’z』の個別楽曲、『もう一度キスしたかった』のレビューです。

 

winter

全体概要

基本情報

アーティスト B’z
曲名 もう一度キスしたかった
演奏時間 4:38
作詞 稲葉浩志
作曲 松本孝弘
編曲 松本孝弘 & 明石昌夫

 

収録アルバム

アルバム名 トラック#
B’z The Best “ULTRA Treasure” (DISC 1) 3
The Ballads 〜Love & B’z〜 10
B’z The Best “Treasure” 9
IN THE LIFE 6

オリジナルアルバム『IN THE LIFE』の6曲目に収録。

非シングル曲ではありますが、ご覧の通りベストアルバムの常連です。

 

レビュー

ストーリー形式で語られるバラード作品、『もう一度キスしたかった』。

いわゆるアルバム曲でありながらも、下手なシングル曲より人気の高い楽曲です。現にファンによる投票で収録曲を決めたベストアルバム『B’z The Best “Treasure”』では本作『もう一度キスしたかった』がなんと4位を記録しています。上位3曲がシングル曲とカップリング曲だったため、アルバム曲というカテゴリで考えると本作『もう一度キスしたかった』が最も票を集めるという結果でした。

 

本作『もう一度キスしたかった』では”夏に出会い、冬に別れを迎える”という短い期間の物語を描いています。

春夏秋冬の全てを詰め込むのではなく、”春”という季節だけを外しているところがおもしろいですね。四季をテーマにするなら、4つ全てを取り入れたくなりそうなものですが、作詞の稲葉浩志はその選択を取らなかったわけです。

春を抜いて夏→秋→冬という流れにすることで時間の経過とともに物理的な気温がどんどん下がっていくのがわかります。”冷めていく様子”を季節とともに描くのならば、徐々に気温が上昇し始める季節である”春”は邪魔なのかもしれませんね。

そして、夏、秋、冬と季節が経過する中で、気温と気持ちは変化しても、変わらないのはサビの最後で必ず歌われる『もう一度キスしたかった』という思いなのでしょう。

 

『もう一度キスしたかった』が収録されているアルバム『B’z The Best “Treasure”』のレビューはこちらからどうぞ!

【アルバムレビュー】B’z/B’z The Best “Treasure”

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】PIERROT/FINALE

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 アンダーグラウンド界のカリスマボーカル”キリト”と、奇天烈なサウンドで世界観に …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/Larva

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】ポケットビスケッツ/My Diamond

テレビのバラエティー番組から生まれた音楽ユニット『ポケットビスケッツ』。 メンバーはウッチャンナンチャンの内村光良、千秋、キャイーンのウド鈴木の3人構成。『ポケットビスケッツ』はかなり昔に活動休止して …

【個別楽曲レビュー】GLAY/カナリヤ

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 シングル、アルバムともにミリオンヒットを連発し、商業的な成功という意味においては、『GLAY』のデビューをプロデュー …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/バラ色の日々

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 流行りに左右されない、媚びないロックサウンドが大好きです!! 復活してからも、変わらずにギラギラした妖しいロックを奏でていって …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。