個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】B’z/Real Thing Shakes

投稿日:

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。

『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティスト・トータル・セールス(CD)が歴代1位という記録は最もインパクトのあるものではないでしょうか。

シンプルに、日本の歴史上最もCDを売り上げたアーティストが、この『B’z』というバンドなのです…!

CDという媒体自体が売れない時代になった今、この記録を塗り替えるアーティストが現れることはないかもしれませんね…。

 

今回は、『B’z』の個別楽曲、『Real Thing Shakes』のレビューです。

 

cyclone

全体概要

基本情報

アーティスト B’z
曲名 Real Thing Shakes
演奏時間 4:14
作詞 稲葉浩志
作曲 松本孝弘
編曲 松本孝弘 & 稲葉浩志

20thシングル。ミリオンヒット作品。

 

収録アルバム

アルバム名 トラック#
B’z The Best XXV 1988-1998 (DISC2) 7
B’z The Best “Treasure” 11

オリジナルアルバム未収録。

 

レビュー

全英語詞のハードロック楽曲、『Real Thing Shakes』。

本作『Real Thing Shakes』の何が凄いって、全英語詞の楽曲をシングルのA面にしながらも、当然のようにオリコンシングルチャートで1位を獲り、ミリオンヒットを記録しているところではないでしょうか。

邦楽アーティストが日本語の歌詞でない楽曲を100万枚以上も売るって、相当の快挙だと思います。当時の『B’z』の勢いがどれほどのものだったかをうかがい知れますね。

 

本作『Real Thing Shakes』、シンプルなギターリフを中心に、稲葉浩志が桁外れの高音ボイスで歌い切るという、ある種”典型的なハードロックのイメージ”をそのまま具現化したような作品になっています。電子音を巧みに織り交ぜていたこれまでの『B’z』の楽曲と比べると、”聴きやすさ”よりも”シンプルなかっこよさ”を追求した楽曲のように思います。

歌詞も含め、ここまでハードロック方向に振り切ったのも、「Real Thing(本物)」とタイトルにある通り、”シンプルなかっこよさこそホンモノ!”という意識が、当時『B’z』サイドにあったのかもしれませんね。

 

『Real Thing Shakes』が収録されているアルバム『B’z The Best “Treasure”』のレビューはこちらからどうぞ!

【アルバムレビュー】B’z/B’z The Best “Treasure”

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】GLAY/BELOVED

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 デビューが『X JAPAN』のYOSHIKIプロデュースだったこともあり、ヴィジュアル系というカテゴリーに分類されこ …

【個別楽曲レビュー】GLAY/summer FM

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 デビューから20年以上経つベテランバンドですが、長寿バンドに付きものの”メンバー間の確執”と …

【個別楽曲レビュー】ポルカッドットスティングレイ/ジェット・ラグ

2017年、ブレイク間違いなしのバンド、『ポルカドットスティングレイ』!! 影ながら活動を応援していましたが、2017年11月にとうとうメジャーデビューを果たしました!素直におめでとうと言いたいです。 …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/青い空の下…

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 2006年突如解散してしまいましたが、最近になってライブを開催してみたりファンクラブを再始動させたりと …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/Waltz

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 このバンドが活躍していた90年代後半から00年代前半頃はまだ”中二病”という言 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。