個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/Get Into A Groove

投稿日:

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。

1996年にデビューし、2016年に20周年を迎えました。

2000年前後ほどの派手なヒットはありませんが、とどまることなくコンスタントに活動を続けるユニットというのは、今や希少な存在ではないでしょうか。

 

今回は、『Every Little Thing』の楽曲、『Get Into A Groove』のレビューです。

 

lipstick

全体概要

基本情報

アーティスト Every Little Thing
曲名 Get Into A Groove
演奏時間 4:35
作詞 五十嵐充
作曲 五十嵐充
編曲 五十嵐充

2000年1月1日にリリースされた13thシングル。両A面シングルの一つで、もう片方は『Pray』。

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/Pray

 

収録アルバム

アルバム名 トラック#
Every Best Single 2 〜MORE COMPLETE〜 (Disc 2) 2
Every Best Single 〜COMPLETE〜 (Disc 2) 2
eternity 6

3rdアルバム『eternity』の6曲目に収録。

両A面シングルのはずなのに、シングルベストの『Every Best Single 2』には片割れの『Pray』のみ収録で、本作『Get Into A Groove』は残念ながら未収録。

 

レビュー

両A面シングルの片割れである『Pray』と同じくサビ頭で始まる楽曲、『Get Into A Groove』。

ただ、『Pray』が爽やかさ一直線な作品である一方、本作『Get Into A Groove』はどことなくワイルドな香りが漂う仕上がりになっており、それぞれの聴き心地はけっこう異なります。

 

サビの歌詞に使われている「彼氏」とか「彼女」というワードがいいですね。

露骨過ぎるイメージがあるというわけなのか、「彼氏」や「彼女」という言葉、意外と歌詞に使われる頻度が少ない気がします。しかしかながら、本作『Get Into A Groove』のように、いざ歌詞に出てくるとそれ相応のインパクトを感じますね。しかもこの楽曲の場合はサビの頭から登場するわけですから、その印象的効果は絶大です!

欲を言えば、いっそ曲名にも「彼氏」や「彼女」という言葉を盛り込んでほしいくらいです。『Get Into A Groove』って曲名、洋楽っぽくて(ぽくない?)かっこいいなとは思いますが、純日本人の私には少々覚えにくいのです 笑。

 

『Get Into A Groove』が収録されているアルバム『eternity』のレビューはこちらからどうぞ!

【アルバムレビュー】Every Little Thing/eternity

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】GLAY/May Fair

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 耳馴染みの良いポップなメロディーと奇を衒わない素直な言葉で、J-POPの王道ともいえる音楽を世に繰り出し、人々を魅了 …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/CAN’T STOP CRYIN’

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二! 元々3人組のバンド …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/Rejuvenescence

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 90年代後半はソロで大成したRYUICHIこと『河村隆一』のインパクトが良くも悪くもバンド …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/利己的な遺伝子

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 2006年突如解散してしまいましたが、最近になってライブを開催してみたりファンクラブを再始動させたりと …

【個別楽曲レビュー】GLAY/Fairy Story

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 シングル、アルバムともにミリオンヒットを連発し、商業的な成功という意味においては、『GLAY』のデビューをプロデュー …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。