個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/Pray

投稿日:2019年4月30日 更新日:

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。

1996年にデビューし、2016年に20周年を迎えました。

2000年前後ほどの派手なヒットはありませんが、とどまることなくコンスタントに活動を続けるユニットというのは、今や希少な存在ではないでしょうか。

 

今回は、『Every Little Thing』の楽曲、『Pray』のレビューです。

 

poppy

全体概要

基本情報

アーティスト Every Little Thing
曲名 Pray
演奏時間 5:23
作詞 五十嵐充
作曲 五十嵐充
編曲 五十嵐充

2000年1月1日にリリースされた13thシングル。両A面シングルの一つで、もう片方は『Get Into A Groove』。

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/Get Into A Groove

本作『Pray』がアルバム『eternity』収録曲の中で最も演奏時間の長い作品になります(リミックス楽曲を除く)。

 

収録アルバム

アルバム名 トラック#
Every Best Single 2 〜MORE COMPLETE〜 (Disc 2) 1
Every Best Single 〜COMPLETE〜 (Disc 2) 1
Every Best Single 2 1
eternity 1

3rdアルバム『eternity』の1曲目に収録。

そして他のベストアルバムでも常に1曲目に収録されています。

 

レビュー

相変わらずのキャッチーなメロディーがELTらしい楽曲、『Pray』。

サビ頭の構成にして、その出だしに登場する「To The Sky」部分のメロディーが跳ねるようなシンコペーションになっており、このフレーズがよく耳に残る作りになっています。

覚えやすさ、浸透のしやすさを第一に考えるなら、この部分に当てる歌詞を曲名に使うほうがいいかもしれませんね。本作のケースで言えば、曲名をいっそ”To The Sky”にしてしまうという感じです。

サビだけでなく、Aメロにもこのシンコペーションのモチーフが何度か登場しています。まるで別々の楽曲をくっつけたようなサビとAメロを持つ作品もある中、本作『Pray』は曲全体に統一感を持たせた作りになっているというわけですね。ジェットコースター的な激しい展開ではありませんが、良メロをじっくり味わうという王道的な楽しみ方ができます。

 

あと、『Pray』に関して個人的に好きなのが持田香織の歌い方です。

デビュー当時の『Feel My Heart』等で聴ける“やる気の無い(ように聴こえる)歌い方”も非常に好きなのですが、本作『Pray』頃の安定したクセの無い歌い方もかなり好みなのです。

 

『Pray』が収録されているアルバム『eternity』のレビューはこちらからどうぞ!

【アルバムレビュー】Every Little Thing/eternity

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】B’z/BAD COMMUNICATION

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティ …

【個別楽曲レビュー】ZONE/大爆発 NO.1

“バンド”でも”アイドル”でもない“バンドル”という新しいジャンルで活動を始めた4人組グループ『ZONE』。 途中で本当に楽器を …

【個別楽曲レビュー】ポルカッドットスティングレイ/レム

2017年、ブレイク間違いなしのバンド、『ポルカドットスティングレイ』!! 影ながら活動を応援していましたが、2017年11月にとうとうメジャーデビューを果たしました!素直におめでとうと言いたいです。 …

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/ALIVE

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/HUMAN GATE

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 アンダーグラウンドで知的で過激。当時の10代リスナーはある種の選民思想を抱きながら『PIERROT』の …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。