個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/sure

投稿日:

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。

1996年にデビューし、2016年に20周年を迎えました。

2000年前後ほどの派手なヒットはありませんが、とどまることなくコンスタントに活動を続けるユニットというのは、今や希少な存在ではないでしょうか。

 

今回は、『Every Little Thing』の楽曲、『sure』のレビューです。

 

sunset

全体概要

基本情報

アーティスト Every Little Thing
曲名 sure
演奏時間 4:53
作詞 持田香織
作曲 Every Little Thing
編曲 Every Little Thing

14thシングル。

シングルA面楽曲で初めて持田香織が作詞を担当した作品です。

 

収録アルバム

アルバム名 トラック#
Every Best Single 2 〜MORE COMPLETE〜 (Disc 2) 3
Every Best Single 〜COMPLETE〜 (Disc 2) 3
Every Best Single 2 2
Every Ballad Songs 11
eternity 9

3rdアルバム『eternity』の9曲目に”Orchestra Version”にて収録。

 

レビュー

サビ頭で始まるバラード楽曲、『sure』。

『Time goes by』や『fragile』など、ELTには有名なバラード作品がいくつかありますが、本作『sure』のようにサビで始まる構成のバラードは珍しいのではないでしょうか。

ちなみに、アルバム『eternity』の先行シングルは両A面の『Pray』と『Get Into A Groove』、そして本作『sure』がリリースされていましたが、いずれもサビで始まる構成を取っています。この時期(2000年前半)、サビ始まりで作曲するのが流行っていたのですかね。

 

本作『sure』の魅力はいろいろあるかと思いますが、個人的には持田香織の声に一票です。

時期によって歌い方や声質が変わる彼女ですが、アルバム『eternity』の頃が最もクセがなく聴きやすい歌い方をしているように思います。

そんな貴重な期間の中、本作『sure』では割と高めのキーで歌われる持田香織の声が聴けます。これがまた、美しいんですよ。

未試聴でしたら、ぜひどうぞ。

 

『sure』が収録されているアルバム『eternity』のレビューはこちらからどうぞ!

【アルバムレビュー】Every Little Thing/eternity

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/オル■スム

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …

【個別楽曲レビュー】GLAY/Together

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 『GLAY』の商業的全盛期はTAKUROがメインコンポーザーとしてシングルA面楽曲の全てを作詞作曲していましたが、2 …

【個別楽曲レビュー】ポケットビスケッツ/Overture-Millennium-

テレビのバラエティー番組から生まれた音楽ユニット『ポケットビスケッツ』。 メンバーはウッチャンナンチャンの内村光良、千秋、キャイーンのウド鈴木の3人構成。『ポケットビスケッツ』はかなり昔に活動休止して …

【個別楽曲レビュー】B’z/恋心 (KOI-GOKORO)

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティ …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/It’s the end

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。