個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/ゲスな三角関係

投稿日:2019年1月19日 更新日:

2014年メジャーデビューの後、2015年に紅白歌合戦へ出演と、国民的なバンドへ成長していた矢先、例の不倫事件で世間のイメージが急降下してしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』。

とは言え、有名人が不倫騒動を起こすと未だに“ゲス不倫”などと呼ばれる辺り、世間に対して名を残すということには成功しているのかもしれません(?)

 

今回は、『ゲスな三角関係』の個別楽曲レビューです。

 

carnival

全体概要

基本情報

アーティスト ゲスの極み乙女。
曲名 ゲスな三角関係
演奏時間 3:27
作詞 MC.K
作曲 MC.K
編曲 ?

作詞作曲のMC.Kは川谷絵音の別名。

 

収録アルバム

アルバム名 トラック#
踊れないなら、ゲスになってしまえよ 3

『ゲスの極み乙女。』2ndミニアルバム『踊れないなら、ゲスになってしまえよ』の3曲目に収録。

 

レビュー

余計なお世話…。

そう、余計なお世話とはわかっていても、『ゲスな三角関係』なんて曲名を『ゲスの極み乙女。』の楽曲リストから見つけてしまったら…あの事件を連想せずにはいられないというのが人情です。

本作『ゲスな三角関係』収録のアルバム『踊れないなら、ゲスになってしまえよ』がリリースされたのが2013年、あの事件がセンテンススプリングにすっぱ抜かれたのが2016年ですので、時系列的には本作とあの事件とは関係ないと思われます。

しかしながら、例の件と結び付けて聴いてしまう人間の思考回路を止める術はありません。。。

 

本作で描かれている「三角関係」は“女性二人が一人の男性(ワタル)を取り合う”という構図。

楽曲は女性の視点で歌われており、片方の女性がもう片方の女性を疎ましく思う心情が展開されています。

女性視点というのはさておき、登場人物が男1女2というところも、例の事件にぴったりハマってしまっているのが何とも言えませんね 笑。

本当に余計なお世話ですが、川谷絵音は予言者かよと思うくらいの作品内容です。

 

そんな先入観バリバリで聴いてしまう本作『ゲスな三角関係』ですが、楽曲自体は本当に素敵です。目まぐるしく変わる展開と、スカッとしたサビが『ゲスの極み乙女。』らしくていいですね。

あと、個人的にはサビの歌メロの裏で鳴っているピアノの旋律がかっこいいなって思って聴いています。メインのボーカルを邪魔しすぎず、それでいて存在感のある絶妙なピアノです。

 

『ゲスな三角関係』が収録されているアルバム『踊れないなら、ゲスになってしまえよ』のレビューはこちらからどうぞ!

【アルバムレビュー】ゲスの極み乙女。/踊れないなら、ゲスになってしまえよ

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/Ray

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 後世に与えた音楽的影響度もさることながら、ファンのことを“SLAVE&#822 …

【個別楽曲レビュー】GLAY/More than Love

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 デビューが『X JAPAN』のYOSHIKIプロデュースだったこともあり、ヴィジュアル系というカテゴリーに分類されこ …

【個別楽曲レビュー】ZONE/太陽のKiss

“バンド”でも”アイドル”でもない“バンドル”という新しいジャンルで活動を始めた4人組グループ『ZONE』。 途中で本当に楽器を …

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/UNFINISHED

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/Balloon Balloon

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! ギラギラとした妖しい雰囲気はそのままに、復活後の彼らの楽曲には溢れんばかりの優しさを感じます。 離れ離れになっていた十数年とい …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。