個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/jajaumasan

投稿日:2019年1月24日 更新日:

2014年メジャーデビューの後、2015年に紅白歌合戦へ出演と、国民的なバンドへ成長していた矢先、例の不倫事件で世間のイメージが急降下してしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』。

とは言え、有名人が不倫騒動を起こすと未だに“ゲス不倫”などと呼ばれる辺り、世間に対して名を残すということには成功しているのかもしれません(?)

 

今回は、『jajaumasan』の個別楽曲レビューです。

 

horse

全体概要

基本情報

アーティスト ゲスの極み乙女。
曲名 jajaumasan
演奏時間 1:55
作詞 MC.K
作曲 MC.K
編曲 ?

作詞作曲のMC.Kは川谷絵音の別名。

 

収録アルバム

アルバム名 トラック#
踊れないなら、ゲスになってしまえよ 6

『ゲスの極み乙女。』2ndミニアルバム『踊れないなら、ゲスになってしまえよ』の6曲目に収録。

 

レビュー

本作『jajaumasan』、演奏時間は2分に届かないほど短いですが、イントロがあってAメロがあってサビがあってと、ちゃんとした構成の歌モノ楽曲になっています。

 

アルバム『踊れないなら、ゲスになってしまえよ』収録曲の中では一番勢いがあってロックって感じの楽曲ですね。

2回目サビの前後にある「サイサイササイサイ…」という部分とか、珍しく楽器隊が縦を合わせたパンチのあるリズムを作り出しています。こういった辺りが、本作『jajaumasan』をロックと感じる要素ですかね。歌詞は「サイ」と言っていますが、曲名通りの「じゃじゃうま」感を感じられます。

 

本作『jajaumasan』で歌われている内容は”自らの美貌に酔いしれいている女性”というところでしょうか。

こう書くと、かなり耽美的でとっつきにくそうな楽曲に聞こえそうですが、そこは『ゲスの極み乙女。』なりの”おふざけ加減”で表現してあるので、字面の印象よりかなり聴きやすいと思います。”自らの美貌”について大袈裟な表現が使われているので、むしろコメディ的な聴き心地があります。

 

楽曲のテーマ的には前曲の『いこかなでしこ』と繋がっているような気もするのですが、どうでしょう。演奏時間の面でも、『いこかなでしこ』と本作『jajaumasan』を合わせてちょうどJ-POPの1曲分くらいですし。

自らを「なでしこ」と表現するか、「じゃじゃうま」と表現するかの違いはあり、それぞれのキーワードが違うので微妙なところはありますが、”ナルシスティックな女性”をテーマにしているという点では2曲とも共通しているように思います。

 

『jajaumasan』が収録されているアルバム『踊れないなら、ゲスになってしまえよ』のレビューはこちらからどうぞ!

【アルバムレビュー】ゲスの極み乙女。/踊れないなら、ゲスになってしまえよ

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/スレッドダンス

2014年メジャーデビューの後、2015年に紅白歌合戦へ出演と、国民的なバンドへ成長していた矢先、例の不倫事件で世間のイメージが急降下してしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』。 とは言え、有名人が不倫 …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/CAN’T STOP CRYIN’

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二! 元々3人組のバンド …

【個別楽曲レビュー】GLAY/夢遊病

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 ヒットソングだけを取り出してみれば、確かに耳馴染みの良い王道J-POPな楽曲で溢れていますが、ひとたび『GLAY』の …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/Claustrophobia

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 後世に与えた音楽的影響度もさることながら、ファンのことを“SLAVE&#822 …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/All along

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。