個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/餅ガール

投稿日:2019年1月19日 更新日:

2014年メジャーデビューの後、2015年に紅白歌合戦へ出演と、国民的なバンドへ成長していた矢先、例の不倫事件で世間のイメージが急降下してしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』。

とは言え、有名人が不倫騒動を起こすと未だに“ゲス不倫”などと呼ばれる辺り、世間に対して名を残すということには成功しているのかもしれません(?)

 

今回は、『餅ガール』の個別楽曲レビューです。

 

morigirl

全体概要

基本情報

アーティスト ゲスの極み乙女。
曲名 餅ガール
演奏時間 3:44
作詞 MC.K
作曲 MC.K
編曲 ?

作詞作曲のMC.Kは川谷絵音の別名。

 

収録アルバム

アルバム名 トラック#
踊れないなら、ゲスになってしまえよ 2

『ゲスの極み乙女。』2ndミニアルバム『踊れないなら、ゲスになってしまえよ』の2曲目に収録。

 

レビュー

“森ガール”ならぬ『餅ガール』という、新しい造語を生み出した作品。

一見ふざけたタイトルのついた作品ですが、楽曲は非常に複雑な構成をしています。特に、1番のサビが終わって2番のサビが始まるまでの間はなかなかにカオスな展開。この曲調が唐突にぐるぐる変わっていく感じ、『ゲスの極み乙女。』らしいとも言えばそうなんですけども。

そんな『餅ガール』ですが、サビはキャッチーで覚えやすいです。「ナイチンゲール」、「晩餐会」といった、ポップスであまり使われない言葉だけどメロディーとの相性抜群なワード達が余計に印象的。

それ故に、サビだけ知っているからといってカラオケで歌おうとすると火傷しちゃうパターンですね。上述のカオス展開部分はしっかり予習していないと、まず歌えないと思います。

 

ところで、『餅ガール』の正体は「ナイチンゲール」ということでOKなんでしょうかね…。

イギリス人である「ナイチンゲール」は東アジアの食文化である「餅」とはきっと無縁の人生だったでしょうし、”ナイチンゲールは餅が好きだった”なんて言い伝えが残っているとは思えませんが…。

 

まぁ、野暮なことは考えず、『餅ガール』という不思議な言葉の組み合わせと、「ナイチンゲール」という語感のいいワードを楽しむのが吉ということなんでしょうね。「ナイチンゲール」ではなく、例えば”紫式部”なんかが歌詞に使われてたら、ここまでキャッチーなサビにはならなかったでしょうし。

なんだかんだ、このカオスな『餅ガール』という楽曲、私は好きです。

 

『餅ガール』が収録されているアルバム『踊れないなら、ゲスになってしまえよ』のレビューはこちらからどうぞ!

【アルバムレビュー】ゲスの極み乙女。/踊れないなら、ゲスになってしまえよ

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/forbidden lover

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】GLAY/週末のBaby talk

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 『GLAY』の商業的全盛期はTAKUROがメインコンポーザーとしてシングルA面楽曲の全てを作詞作曲していましたが、2 …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/Rejuvenescence

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 90年代後半はソロで大成したRYUICHIこと『河村隆一』のインパクトが良くも悪くもバンド …

【個別楽曲レビュー】黒夢/TELL

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 ヴィジュアル系にカテゴライズされるイメージがありますが、その音楽性はアルバムをリリースする度にガラッと変わっており、一つのジャンルで …

【個別楽曲レビュー】ZONE/白い花

“バンド”でも”アイドル”でもない“バンドル”という新しいジャンルで活動を始めた4人組グループ『ZONE』。 途中で本当に楽器を …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。