個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/スレッドダンス

投稿日:2019年1月20日 更新日:

2014年メジャーデビューの後、2015年に紅白歌合戦へ出演と、国民的なバンドへ成長していた矢先、例の不倫事件で世間のイメージが急降下してしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』。

とは言え、有名人が不倫騒動を起こすと未だに“ゲス不倫”などと呼ばれる辺り、世間に対して名を残すということには成功しているのかもしれません(?)

 

今回は、『スレッドダンス』の個別楽曲レビューです。

 

dancing-couple

全体概要

基本情報

アーティスト ゲスの極み乙女。
曲名 スレッドダンス
演奏時間 5:27
作詞 MC.K
作曲 MC.K
編曲 ?

作詞作曲のMC.Kは川谷絵音の別名。

本作『スレッドダンス』がアルバム『踊れないなら、ゲスになってしまえよ』の中で最も演奏時間の長い楽曲です。

 

収録アルバム

アルバム名 トラック#
踊れないなら、ゲスになってしまえよ 4

『ゲスの極み乙女。』2ndミニアルバム『踊れないなら、ゲスになってしまえよ』の4曲目に収録。

 

レビュー

『スレッドダンス』という言葉の響き、どこかで聞いたことあるなと思ったらコレでした。

2007年から2013年にかけて週刊少年ジャンプで連載されていたマンガ、“SKET DANCE(スケット・ダンス)”

そもそも、”SKET DANCE”というダンスのジャンルが存在しているわけではなく、このマンガ発祥の造語のようです。ということで、『スレッドダンス』という曲名は響き的にもマンガの”スケット・ダンス”を参考にしていると考えていいでしょう。つまり、『スレッドダンス』という言葉は造語をベースにしたさらなる造語ということになります。

ただ、本作『スレッドダンス』がアニメ版”SKET DANCE”の主題歌になっているわけでもないので、この辺りの関連性については本当かどうかわかりません。

マンガの内容を知っていれば楽曲との関連性についてもう少し深い考察ができるのでしょうが、私は”SKET DANCE”を読んだことが無いので残念ながらそこまでには至れず。。。

 

さて、そんな『スレッドダンス』、楽曲自体はピアノとベースが光るおしゃれな仕上がりです。

楽器構成だけ見れば、アルバム『踊れないなら、ゲスになってしまえよ』の#1 『キラーボール』に近いのですが、本作『スレッドダンス』の方がちょっと高貴な感じがします。同じような楽器構成とは言え、やはり楽曲の持つ雰囲気の違いはありますし、歌詞の面でも、本作『スレッドダンス』の方が詩的な香りがするというのが高貴に感じる理由でしょうかね。

 

『スレッドダンス』が収録されているアルバム『踊れないなら、ゲスになってしまえよ』のレビューはこちらからどうぞ!

【アルバムレビュー】ゲスの極み乙女。/踊れないなら、ゲスになってしまえよ

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/Forever Love

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/Dejavu

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 ヴィジュアル系というジャンルにおけるバンドアンサンブルの方針、特に、ツインギターの絡み方を …

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/君という光

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 メンバーが楽曲制作に携わる場合、ボーカルが作詞 …

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/CRUCIFY MY LOVE

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …

【個別楽曲レビュー】hide/BREEDING

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。