個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】GLAY/Fighting Spirit

投稿日:2019年4月2日 更新日:

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。

ヒットソングだけを取り出してみれば、確かに耳馴染みの良い王道J-POPな楽曲で溢れていますが、ひとたび『GLAY』の世界へ足を踏み入れると、そこには成功者ゆえの苦悩に満ちた孤独の世界を垣間見ることができます。

そこは我々凡人にとっては到底辿り着ける境地ではありませんが、その途方に暮れるほどの景色を、TAKUROの紡ぐ言葉とメロディーによって私たちもほんの少しだけ追体験できるような気がします。

 

今回は、『GLAY』の楽曲、『Fighting Spirit』のレビューです。

 

musician

全体概要

基本情報

アーティスト GLAY
曲名 Fighting Spirit
演奏時間 5:07
作詞 TAKURO
作曲 TAKURO
編曲 GLAY & 佐久間正英

 

収録アルバム

アルバム名 トラック#
ONE LOVE 5

オリジナルアルバム『ONE LOVE』の5曲目に収録。

 

レビュー

非シングル曲ながらMVが用意され、アルバム『ONE LOVE』の中心的存在を担う楽曲が本作『Fighting Spirit』。

そして、この『Fighting Spirit』こそ、商業的成功を収めた『GLAY』だからこそ描ける、成功者ゆえの苦悩が歌われた名作です。

 

本作『Fighting Spirit』には、恋人よりも夢を選び、それが正解なのか迷いながら生きる姿、もう少し言えば、それが正解であってくれと願いながら生きる姿を感じ取れます。

自ら選んだ夢の果て、そこであんなにも商業的成功を収めたにもかかわらず、それでも尚、これが正解であったのか迷うというのは、いったいどんな景色なんでしょうね。

少なくとも、『Fighting Spirit(闘志)』を持って歩き続けなければいけない道が見えていたのでしょう。

 

そして、私が本作『Fighting Spirit』を名作だと思う大きな理由は最後のフレーズにあります。

なんと、「生きる事は辛いな」と言って締めているのです…!

これが迷い抜いた結論なのかと思うと、どうしようもないほどに希望の無いフレーズ…!

 

…ただ、これが当時の本心だったのだろうと思います。

歌にするにはあまりに酷な言葉ですが、成功者ゆえの苦悩という少々共感されにくい心情を描くには、この言葉を選ぶ他なかったのだろうと思うのです。

曖昧に形容した言葉で済ますのではなく、堂々と「生きる事は辛いな」と言い切ってしまうこの『Fighting Spirit』という作品に、私は大きく心を打たれました。

 

『Fighting Spirit』が収録されているアルバム『ONE LOVE』のレビューはこちらからどうぞ!

【アルバムレビュー】GLAY/ONE LOVE

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/GENESIS OF MIND 〜夢の彼方へ〜

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 再始動前の2009年、『LUNA SEA』のリードギターを担当するSUGIZOがHIDEの …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/パール

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 流行りに左右されない、媚びないロックサウンドが大好きです!! 復活してからも、変わらずにギラギラした妖しいロックを奏でていって …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/たとえ遠く離れてても・・・

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【個別楽曲レビュー】ZONE/believe in love

“バンド”でも”アイドル”でもない“バンドル”という新しいジャンルで活動を始めた4人組グループ『ZONE』。 途中で本当に楽器を …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/モノクローム

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。