個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】GLAY/原色の空

投稿日:2018年11月27日 更新日:

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。

『GLAY』の商業的全盛期はTAKUROがメインコンポーザーとしてシングルA面楽曲の全てを作詞作曲していましたが、2010年代になって他のメンバーの作品もシングルの顔を飾るようになりました。

変化を続ける『GLAY』の今後がこれからも楽しみですね。

 

今回は、『GLAY』の楽曲、『原色の空<Cloudy Sky>』のレビューです。

 

texture

全体概要

基本情報

アーティスト GLAY
曲名 原色の空<Cloudy Sky>
演奏時間 4:19
作詞 TAKURO
作曲 TAKURO
編曲 GLAY & 佐久間正英

 

収録アルバム

アルバム名 トラック#
BEAT out! 3

オリジナルアルバム『BEAT out!』の3曲目に収録。

 

レビュー

「原色の空」という主題に対し、「Cloudy Sky」という副題のついた楽曲。

「原色」とは、”光の三原色(赤、緑、青)”や”色の三原色(シアン、マゼンダ、イエロー)”を指す言葉ですので、普通に考えると「原色」は「Cloudy Sky(曇り空)」の色ではありません。ネットに毒された現代人の目からすると、『原色の空<Cloudy Sky>』という曲名は、“なんでもしますから!(なんでもするとは言ってない)”的なネットスラングと同等の文字列のように見えるわけです 笑。

…もちろん、そんな冗談で曲名を付けているわけではないでしょうから(そもそもこの楽曲は90年代の作品)、『原色の空<Cloudy Sky>』という文字列の矛盾は意図的なものと思われます。

ただ、未だにその一見矛盾にしか見えない曲名の真意はわからないままです。。。

 

『原色の空<Cloudy Sky>』、楽曲自体はキャッチーな歌メロとかっこいいバンドサウンドが組み合わさった、『GLAY』の王道的作品に仕上がっています。イントロやサビでふんだんに盛り込まれたギターハーモニクスが特徴的ですね。

一方、歌詞の方は「破滅」、「天使」、「レクイエム」等、使われているワードにヴィジュアル系の香りが漂います。上述の矛盾を秘めた曲名と相まって、本作『原色の空<Cloudy Sky>』は何が歌われているのかよくわからないというのが正直な感想です。

 

繰り返しになりますが、キャッチーな歌メロとかっこいいバンドサウンドはさすが『GLAY』といったところです。そういう意味で、もう少し聴きこんでいけば『千ノナイフガ胸ヲ刺ス』のように『原色の空<Cloudy Sky>』も“一周回ってかっこいい”的なポジションになるかもしれません(なるとは言ってない)。

【個別楽曲レビュー】GLAY/千ノナイフガ胸ヲ刺ス

 

『原色の空<Cloudy Sky>』が収録されているアルバム『BEAT out!』のレビューはこちらからどうぞ!

【アルバムレビュー】GLAY/BEAT out!

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/Dejavu

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 ヴィジュアル系というジャンルにおけるバンドアンサンブルの方針、特に、ツインギターの絡み方を …

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/SADISTIC DESIRE

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …

【個別楽曲レビュー】GLAY/週末のBaby talk

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 『GLAY』の商業的全盛期はTAKUROがメインコンポーザーとしてシングルA面楽曲の全てを作詞作曲していましたが、2 …

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/二人のロケット

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET …

【個別楽曲レビュー】チャットモンチー/恋愛スピリッツ

キラキラしたかわいい女の子ではなく(失礼)、もっと素の女の子をシンプルなバンドサウンドで表現してきた『チャットモンチー』! 気づけば、数多く存在する部活動的雰囲気を持った現代ガールズバンドの元祖とも言 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。