個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】GLAY/君が見つめた海

投稿日:

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。

ヒットソングだけを取り出してみれば、確かに耳馴染みの良い王道J-POPな楽曲で溢れていますが、ひとたび『GLAY』の世界へ足を踏み入れると、そこには成功者ゆえの苦悩に満ちた孤独の世界を垣間見ることができます。

そこは我々凡人にとっては到底辿り着ける境地ではありませんが、その途方に暮れるほどの景色を、TAKUROの紡ぐ言葉とメロディーによって私たちもほんの少しだけ追体験できるような気がします。

 

今回は、『GLAY』の楽曲、『君が見つめた海』のレビューです。

 

sunset

全体概要

基本情報

アーティスト GLAY
曲名 君が見つめた海
演奏時間 4:07
作詞 TAKURO
作曲 TAKURO
編曲 GLAY & 佐久間正英

 

収録アルバム

アルバム名 トラック#
ONE LOVE 14

オリジナルアルバム『ONE LOVE』の14曲目に収録。

 

レビュー

爽やかさと切なさを兼ね備えた1曲、『君が見つめた海』。

シングルと比べても謙遜の無いくらいキャッチーなメロディーの作品なのですが、こういったレベルの楽曲がしれっとアルバムの片隅に添えられているところに、『GLAY』というバンドの底の深さを感じますね。

 

本作『君が見つめた海』はTAKUROの祖母に宛てた歌だと言われています。確か、この祖母のくだりはTAKUROの著書”胸懐”にて言及されていたはず。

歌詞中に出てくる2人称の「君」、および3人称の「彼女」、どちらも祖母を指していると思って聴けば、なるほど、歌詞の意味も納得できるのではないでしょうか。

また、”胸懐”に記載されている祖母のくだりを知ってから本作『君が見つめた海』を聴くと、歌詞中の全ての言葉がリアリティを持って聴こえてくることと思います。

 

そんなバックグラウンドを持った本作『君が見つめた海』、この楽曲の聴きどころはCメロ明けの1発目のサビだと思っています。リズム隊が止み、ボーカルとエレキギターのみのパートになるところです。

ボーカルとギターの掛け合いがかっこいいのは言わずもがななのですが、ベースもドラムも鳴っていない中、静寂を切り裂くようにかき鳴らされるギターの音、これになんとも言えない孤独を感じるのです。

リズム隊を失いながらも演奏を続ける様子が、まるで本当に大事なものを失った姿を描いているようで…。

 

『君が見つめた海』が収録されているアルバム『ONE LOVE』のレビューはこちらからどうぞ!

【アルバムレビュー】GLAY/ONE LOVE

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/pray

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET …

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/ROSE OF PAIN

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/創生児

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 復活後も精力的に新作を発表してくれるのがとても嬉しいです。 テレビなんかでは、過去の名作を披露してくれることが時々ありますので …

【個別楽曲レビュー】GLAY/週末のBaby talk

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 『GLAY』の商業的全盛期はTAKUROがメインコンポーザーとしてシングルA面楽曲の全てを作詞作曲していましたが、2 …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/CREATIVE MASTER

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 アンダーグラウンド界のカリスマボーカル”キリト”と、奇天烈なサウンドで世界観に …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。