個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】GLAY/VIVA VIVA VIVA

投稿日:

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。

ヒットソングだけを取り出してみれば、確かに耳馴染みの良い王道J-POPな楽曲で溢れていますが、ひとたび『GLAY』の世界へ足を踏み入れると、そこには成功者ゆえの苦悩に満ちた孤独の世界を垣間見ることができます。

そこは我々凡人にとっては到底辿り着ける境地ではありませんが、その途方に暮れるほどの景色を、TAKUROの紡ぐ言葉とメロディーによって私たちもほんの少しだけ追体験できるような気がします。

 

今回は、『GLAY』の楽曲、『VIVA VIVA VIVA』のレビューです。

 

youth

全体概要

基本情報

アーティスト GLAY
曲名 VIVA VIVA VIVA
演奏時間 4:28
作詞 TAKURO
作曲 TAKURO
編曲 GLAY & 佐久間正英

 

収録アルバム

アルバム名 トラック#
ONE LOVE 8

オリジナルアルバム『ONE LOVE』の8曲目に収録。

 

レビュー

曲名、および歌詞中で繰り返される「VIVA」という言葉。これはラテン系の言語を語源としたワードで、日本語で言うところの”万歳”に相当するものです。つまり、『VIVA VIVA VIVA』という曲名を直訳すると、“万歳 万歳 万歳”になるわけです。

…うーん、日本語にしてしまうと、とたんにダサさで溢れかえってしまう上に、どこかの独裁国家が好んで使いそうなフレーズと化してしまいますね 笑。

 

本作『VIVA VIVA VIVA』、上述の曲名の意味通り、テンションの高い楽曲になっています。

そんなテンションの高さを反映してか、歌詞も非常にシンプルです。歌詞のほとんどが英語なのですが、中学校で学習するレベルの単語しか使われていません。ハイな気分を表現するのには、詩的な比喩や難しい意味の言葉は必要ない…ということなのでしょう。

 

一方、本作『VIVA VIVA VIVA』が収録されているアルバム『ONE LOVE』には、『Fighting Spirit』や『夢遊病』といった、成功者ゆえの苦悩を語った、なかなかにヘビーで憂鬱気味な楽曲も収録されています。

こういった楽曲がアルバム『ONE LOVE』の主成分だと私は思っていますので、真逆のベクトルを行く本作『VIVA VIVA VIVA』を聴くと…なんというか、カラ元気を爆発させているようにも思えるんですよね。

本当は全然ハイな気分じゃないんだけど、無理やりテンションを上げているような、そんな感じ。

さっきまで「生きることは辛い」って言ってたのに、いきなりどうした?って。

 

『VIVA VIVA VIVA』が収録されているアルバム『ONE LOVE』のレビューはこちらからどうぞ!

【アルバムレビュー】GLAY/ONE LOVE

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】GLAY/HEAVY GAUGE

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 デビューから20年以上経つベテランバンドですが、長寿バンドに付きものの”メンバー間の確執”と …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/LASTLY

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 90年代後半はソロで大成したRYUICHIこと『河村隆一』のインパクトが良くも悪くもバンド …

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/恋することしか出来ないみたいに

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 メンバーが楽曲制作に携わる場合、ボーカルが作詞 …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/I for You

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 ヴィジュアル系というジャンルにおけるバンドアンサンブルの方針、特に、ツインギターの絡み方を …

【個別楽曲レビュー】hide/LEMONed I Scream

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。