個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/毛皮のコートのブルース

投稿日:

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!!

ギラギラとした妖しい雰囲気はそのままに、復活後の彼らの楽曲には溢れんばかりの優しさを感じます。

離れ離れになっていた十数年という時間の中、『THE YELLOW MONKEY』というバンドが誕生した奇跡について、ある種悟りのようなものをメンバーたちが感じ取った結果なのかもしれませんね。

 

今回は、アルバム『9999』の14曲目、『毛皮のコートのブルース』レビューです。

 

candle

全体概要

基本情報

アーティスト THE YELLOW MONKEY
曲名 毛皮のコートのブルース
演奏時間 7:05
作詞 吉井和哉
作曲 吉井和哉
編曲 土屋昌巳 & THE YELLOW MONKEY

演奏時間7分越えの大作。

外部プロデューサーとして土屋昌巳を編曲に迎えています。

 

収録アルバム

アルバム名 トラック#
9999 14

オリジナルアルバム『9999』の14曲目に収録(ダウンロード盤のみのボーナストラック)。

 

レビュー

本作『毛皮のコートのブルース』はインディーズ時代から存在する楽曲ですが、レコーディング音源として世に出るのは2019年リリースのアルバム『9999』収録が初めてです。

イエモンのメジャーデビューが1992年なので、そこから計算しても実に27年以上経っての音源化となります。まさに、ボーナストラックに相応しいボーナスっぷりです!

ただ、さすがにインディーズ時代から存在する楽曲だけあって、アルバム『9999』の他の収録曲とは毛色が違いますね。音のまとまり方は今風ですが、本作『毛皮のコートのブルース』から醸し出される雰囲気は”妖しさ溢れる若かりしイエモン”という感じがします。

 

それから、本作『毛皮のコートのブルース』、インディーズ時代から存在するということですが、曲名だけ見るとメジャー2ndアルバム『EXPERIENCE MOVIE』収録曲っぽい印象を受けました。このアルバムに収録されている楽曲、例えば、『4000粒の恋の唄』や『シルクスカーフに帽子のマダム』なんかは本作『毛皮のコートのブルース』と近い言葉の並びのような気がしません?

曲の内容的にも、長尺のスローテンポという曲調や架空の物語をベースにした歌詞というのも上記の楽曲と共通する部分ですかね。”○○かい?”という、RPGに出てくるおせっかいなオバサンのような口調もアルバム『EXPERIENCE MOVIE』の雰囲気を思い出させます。

 

『毛皮のコートのブルース』が収録されているアルバム『9999』のレビューはこちらからどうぞ!

【アルバムレビュー】THE YELLOW MONKEY/9999

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/DEAR LOSER

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/Stand by

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二! 解散したわけではな …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/そのスピードで

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二です!   …

【個別楽曲レビュー】GLAY/pure soul

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 耳馴染みの良いポップなメロディーと奇を衒わない素直な言葉で、J-POPの王道ともいえる音楽を世に繰り出し、人々を魅了 …

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/Marionette Fantasia

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 メンバーが楽曲制作に携わる場合、ボーカルが作詞 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。