個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/Love Homme

投稿日:

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!!

ギラギラとした妖しい雰囲気はそのままに、復活後の彼らの楽曲には溢れんばかりの優しさを感じます。

離れ離れになっていた十数年という時間の中、『THE YELLOW MONKEY』というバンドが誕生した奇跡について、ある種悟りのようなものをメンバーたちが感じ取った結果なのかもしれませんね。

 

今回は、アルバム『9999』の3曲目、『Love Homme』レビューです。

 

monkey

全体概要

基本情報

アーティスト THE YELLOW MONKEY
曲名 Love Homme
演奏時間 3:40
作詞 吉井和哉
作曲 吉井和哉
編曲 THE YELLOW MONKEY

曲名に出てくる「Homme」とは、フランス語で”男性”や”人間”を意味する単語です。

 

収録アルバム

アルバム名 トラック#
9999 3

オリジナルアルバム『9999』の3曲目に収録。

 

レビュー

イエモンお得意のド直球下ネタソング、『Love Homme』。

大人の雰囲気をまとって復活したとは言え、この路線は相変わらずという感じですね。”アルバム1枚につき1曲以上下ネタを入れるべし”なんてルールがイエモンの中にあるのでしょうか 笑。

 

本作『Love Homme』、歌詞中に「猿」という単語が出てくるのですが、『THE YELLOW MONKEY』という名前のバンドが歌っているだけあって、ちょっとドキッとします。下ネタ的な意味合いで「猿」という単語を使っているのか、それとも『THE YELLOW MONKEY』というバンドを指すために使っているのか、それともその両方か…なんて考えてしまうので。

ちなみに、イエモン復活後初めて公開された新曲『ALRIGHT』の歌詞にも「猿」という言葉が出てきますね。復活直後というタイミングもあり、こちらに出てくる「猿」は『THE YELLOW MONKEY』というバンドを指しているものと考えて間違いないでしょうが。

 

本作『Love Homme』の聴きどころはイントロからガンガン前に出てくるベースですかね。

アルバム『9999』自体が全体的にベースの効いた楽曲が多いという印象ですが、とりわけ本作『Love Homme』はベースの作り出す音色とリズムが楽曲を引っ張っているように感じます。

 

『Love Homme』が収録されているアルバム『9999』のレビューはこちらからどうぞ!

【アルバムレビュー】THE YELLOW MONKEY/9999

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/Secret Signs

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/Sweet & Sweet

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 復活したものの、特に目立った活動もなく再休止するバンドもある中、イエモンこと『THE YELLOW MONKEY』は精力的に新 …

【個別楽曲レビュー】B’z/BAD COMMUNICATION

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティ …

【個別楽曲レビュー】相対性理論/ペペロンチーノ・キャンディ

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。 最初のミニアルバム『シフォン主義』の発表から10年が経とうとして …

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/永遠を駆け抜ける一瞬の僕ら

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 メンバーが楽曲制作に携わる場合、ボーカルが作詞 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。