個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/真珠色の革命時代(Pearl Light Of Revolution)

投稿日:2017年4月17日 更新日:

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!!

流行りに左右されない、媚びないロックサウンドが大好きです!!

復活してからも、変わらずにギラギラした妖しいロックを奏でていってほしいです。

 

一見ふざけているようで、でも実は芯を捉えた歌詞も魅力の一つですね。

下手にかっこつけてない言葉だからこそ、胸にとっても響きます。

 

今回は、『真珠色の革命時代(Pearl Light Of Revolution)』のレビューです。

 

pearl

全体概要

基本情報

アーティスト THE YELLOW MONKEY
曲名 真珠色の革命時代(Pearl Light Of Revolution)
演奏時間 6:49
作詞 吉井和哉
作曲 吉井和哉
編曲 THE YELLOW MONKEY 

 

収録アルバム

アルバム名 トラック#
THE YELLOW MONKEY IS HERE. NEW BEST 10
イエモン-FAN’S BEST SELECTION- 10
THE YELLOW MONKEY MOTHER OF ALL THE BEST (Disc 2) 8
THE NIGHT SNAILS AND PLASTIC BOOGIE 9

メジャー1stアルバム『THE NIGHT SNAILS AND PLASTIC BOOGIE』に収録されている非シングル曲ながら、ベストアルバムに2度も収録されていることから、人気の高さが伺えます。

なお、『THE YELLOW MONKEY MOTHER OF ALL THE BEST』はLive Versionでの収録です。

 

レビュー

昔の映画のエンディングに流れていそうな、スローテンポでノスタルジックな雰囲気のある1曲です。

わかりやすいハッピーエンドの映画じゃなくて、主人公はハッピーだと思っているけど、周りは主人公をかわいそうだと同情しているような、そんな複雑な気持ちを残して終わる映画を想像します。

 

『THE YELLOW MONKEY』に多いのですが、『真珠色の革命時代(Pearl Light Of Revolution)』も内省的な歌詞の曲です。

サビの頭では他人の名前を呼んで「I love you」って言ってるんですけどね。一曲通して語りかけているのは「Sally」ではなく自分です。「Sally」へ「I love you」といいながら、自分を慰めているような印象を受けます。

 

初めて聴いたときはあまり刺さらなかった曲なんですけど、聴く度にどんどん好きになってきました。自分で自分に歌うような気持で聴いています。

 

『イエモン-FAN’S BEST SELECTION-』に収録されている曲がそのまま全部再レコーディングされたベスト盤『THE YELLOW MONKEY IS HERE. NEW BEST』が2017年5月に発売されました。

『イエモン-FAN’S BEST SELECTION-』と聴き比べてみるとおもしろいはずです!

 

『真珠色の革命時代(Pearl Light Of Revolution)』が収録されているアルバム『イエモン-FAN’S BEST SELECTION-』、『THE NIGHT SNAILS AND PLASTIC BOOGIE』のレビューはこちらからどうぞ!

【アルバムレビュー】THE YELLOW MONKEY/イエモン-FAN’S BEST SELECTION-

【アルバムレビュー】THE YELLOW MONKEY/THE NIGHT SNAILS AND PLASTIC BOOGIE

-個別楽曲レビュー
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】ポケットビスケッツ/まごころ

テレビのバラエティー番組から生まれた音楽ユニット『ポケットビスケッツ』。 メンバーはウッチャンナンチャンの内村光良、千秋、キャイーンのウド鈴木の3人構成。『ポケットビスケッツ』はかなり昔に活動休止して …

【個別楽曲レビュー】GLAY/mister popcorn

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 ヒットソングだけを取り出してみれば、確かに耳馴染みの良い王道J-POPな楽曲で溢れていますが、ひとたび『GLAY』の …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/Maybe We Could Go Back To Then

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二! 元々3人組のバンド …

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/Marionette Fantasia

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 メンバーが楽曲制作に携わる場合、ボーカルが作詞 …

【個別楽曲レビュー】相対性理論/元素紀行

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。   メンバーの中ではボーカルの”やくしまる …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。