個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/Titta Titta

投稿日:

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!!

ギラギラとした妖しい雰囲気はそのままに、復活後の彼らの楽曲には溢れんばかりの優しさを感じます。

離れ離れになっていた十数年という時間の中、『THE YELLOW MONKEY』というバンドが誕生した奇跡について、ある種悟りのようなものをメンバーたちが感じ取った結果なのかもしれませんね。

 

今回は、アルバム『9999』の11曲目、『Titta Titta』レビューです。

 

adult

全体概要

基本情報

アーティスト THE YELLOW MONKEY
曲名 Titta Titta
演奏時間 2:52
作詞 吉井和哉
作曲 吉井和哉
編曲 THE YELLOW MONKEY

本作『Titta Titta』がアルバム『9999』収録曲の中で最も演奏時間の短い楽曲です。

 

収録アルバム

アルバム名 トラック#
9999 11

オリジナルアルバム『9999』の11曲目に収録。

 

レビュー

演奏時間が短いこともあり、サクッと聴けちゃう1曲『Titta Titta』。能天気な曲調が印象的です。

 

歌詞中に出てくる「ラーマ」だとか「シータ」だとかいう不思議な言葉、これについて調べてみたところ、どうやら“ラーマーヤナ”というインドの叙情詩に関するもののように思われます。

というのも、この”ラーマーヤナ”という物語に登場するのが、ずばりそのままラーマ王子シーター女王なのです(参考:Wikipedia/ラーマーヤナ)。本作『Titta Titta』に「ラーマ」と「シータ」が並んで登場することからも、この不思議な言葉は”ラーマーヤナ”の物語から取ってきていると見て間違いないかと思います。

ただ、”ラーマーヤナ”がどんな内容のストーリーなのかというところまでは調べていませんので、興味のある方はググってみてください。

 

それから、一番気になるのは曲名にもなっている「チッタ」という言葉ですよね。これは、残念ながら私の力では”ラーマーヤナ”の物語の中に見つけることはできませんでした。

ただ、しつこく探していると、インド関連で「チッタ」という言葉を少しばかり見つけることはできたのです。その意味は、“心”だとか”意識”のようなもののようです。それ以外は、よくわかりません!

正直、インドの文化や言語についてほとんど知識を持っていませんし、しっかり文献を当たったわけでもないので、めちゃくちゃなことを書いている危険があります 笑。

取りあえず、”本作『Titta Titta』にはインドに関するワードが散りばめられているのね”…程度の解釈でいれば、そんなに大きく外れてはいないはずです。

 

『Titta Titta』が収録されているアルバム『9999』のレビューはこちらからどうぞ!

【アルバムレビュー】THE YELLOW MONKEY/9999

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/angel song -イヴの鐘-

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二です!   …

【個別楽曲レビュー】ポルカッドットスティングレイ/夜明けのオレンジ

2017年、ブレイク間違いなしのバンド、『ポルカドットスティングレイ』!! 女性ボーカルとギター、ベース、ドラムといった、シンプルな構成の4人ロックバンドです。   今回は『夜明けのオレンジ …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/不愉快な6番街へ(Unpleasant 6th Avenue)

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! このバンドを紹介する際、当たり前のように『THE YELLOW MONKEY』と打ち込んでいるわけですが、よく考えるとこの言葉 …

【個別楽曲レビュー】ポルカッドットスティングレイ/極楽灯

2017年、ブレイク間違いなしのバンド、『ポルカドットスティングレイ』!! 影ながら活動を応援していましたが、2017年11月にとうとうメジャーデビューを果たしました!素直におめでとうと言いたいです。 …

【個別楽曲レビュー】ZONE/GOOD DAYS

“バンド”でも”アイドル”でもない“バンドル”という新しいジャンルで活動を始めた4人組グループ『ZONE』。 途中で本当に楽器を …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。