個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/イヤホン

投稿日:

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。通称”金爆(きんばく)”。

平成から令和への改元でさえネタにして楽曲を創ってしまう彼らは、紛れもなくエンターテイナーですよね。好きなことやって生きているという姿が、彼らと同じ昭和生まれの私にはとてもまぶしいです。

 

今回は、『イヤホン』の個別楽曲レビューです。

 

earphone

全体概要

基本情報

アーティスト ゴールデンボンバー
曲名 イヤホン
演奏時間 3:23
作詞 鬼龍院翔
作曲 鬼龍院翔
編曲 tatsuo & 鬼龍院翔

 

収録アルバム

アルバム名 トラック#
ゴールデン・アワー〜下半期ベスト2010〜 1

『ゴールデン・アワー〜下半期ベスト2010〜』の1曲目に収録。

 

レビュー

“この歌よ、君に届け…!”系ソング、『イヤホン』。

テーマ自体はさほど珍しいものではありませんが、曲名の通り『イヤホン』という着眼点が素敵です。

音楽を聴くために多くの人が使用する『イヤホン』に言及することで、”この歌よ、君に届け…!”というテーマが非常にリアリティを持って伝わってくるんですよね。本作『イヤホン』を聴いていると、“今まさに、このイヤホンを通じて届いてきてるよー!キリショー!”って気持ちになれるのです!

 

そして一番気持ちいいのは2:09のファンによる合唱(っぽい)パートですよね。

激しい曲調がピタッと止んで、「あぁ君にー…」というファンらしき女性たちの合唱が1フレーズだけ流れます。時間してわずか数秒ですが、ここが本当に気持ちいい。

ここ、歌詞の内容的には、イヤホン越しに歌を届けようとしている張本人(=鬼龍院翔)が歌うべき箇所だと思うのですが、この一番大事なところをあえて自分ではなく見知らぬ大勢に歌わせることで、”この歌よ、君に届け…!”系ソングにありがちな“一人でスベってる感”を打ち消しているような気がします。

いくら”君に届け”という歌詞を歌われも、リスナーが”いや、頼んでないし”と思ってしまえば、歌っている側の情熱は空回りに終わってしまうんですよね。歌い手とリスナー側に温度差が存在すると、”この歌よ、君に届け…!”系ソングはけっこうスベって聴こえます。

一方、本作『イヤホン』は、楽曲の途中に見知らぬ大勢の合唱を投入し、大事なフレーズを歌わせることで、少なくとも歌い手の情熱が彼女たちに届いているという空間を演出しています。こうすることで、歌い手の”君に届け”という情熱が一人で空回りしてスベっているという状況を強制的に回避しているのでしょう。

この仮想的なやり取りにリスナーも心を動かされてしまうというのが、本作『イヤホン』の合唱パートを気持ちよく感じる理由かもしれません。

 

『イヤホン』が収録されているアルバム『ゴールデン・アワー〜下半期ベスト2010〜』のレビューはこちらからどうぞ!

【アルバムレビュー】ゴールデンボンバー/ゴールデン・アワー〜下半期ベスト2010〜

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】GLAY/ONE LOVE 〜ALL STANDARD IS YOU reprise〜

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 ヒットソングだけを取り出してみれば、確かに耳馴染みの良い王道J-POPな楽曲で溢れていますが、ひとたび『GLAY』の …

【個別楽曲レビュー】黒夢/HELLO, CP ISOLATION

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 ヴィジュアル系にカテゴライズされるイメージがありますが、その音楽性はアルバムをリリースする度にガラッと変わっており、一つのジャンルで …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/Face the change

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【個別楽曲レビュー】GLAY/COME ON!!

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 耳馴染みの良いポップなメロディーと奇を衒わない素直な言葉で、J-POPの王道ともいえる音楽を世に繰り出し、人々を魅了 …

【個別楽曲レビュー】相対性理論/地獄先生

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。   メンバーの中ではボーカルの「やくしまるえつこ」がソ …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。