個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】黒夢/HELLO, CP ISOLATION

投稿日:2018年11月17日 更新日:

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。

ヴィジュアル系にカテゴライズされるイメージがありますが、その音楽性はアルバムをリリースする度にガラッと変わっており、一つのジャンルで括ることはなかなかに難しいバンドです。

 

今回は、『黒夢』の楽曲、『HELLO, CP ISOLATION』のレビューです。

 

trumpet

全体概要

基本情報

アーティスト 黒夢
曲名 HELLO, CP ISOLATION
演奏時間 3:00
作詞 清春
作曲 清春
編曲 黒夢 & 土方隆行

 

収録アルバム

アルバム名 トラック#
CORKSCREW 9

メジャー7thアルバム『CORKSCREW』の9曲目に収録。

 

レビュー

裏拍でリズムを刻むクリーンギターとブラスの音が印象的な1曲、『HELLO, CP ISOLATION』。

アルバム『CORKSCREW』という範囲で見てもブラスが使用されている楽曲は本作『HELLO, CP ISOLATION』のみですし、『黒夢』というバンドの楽曲という範囲で見てもブラスの使用は珍しいです。

ブラスって、けっこうきらびやかで、“陽気”な印象を与える音だと思います。『黒夢』の音楽性がアルバムごとに変わるとは言え、”陽気”という言葉の似合う音楽をやっていた活動時期はさすがに無いはず。そういう意味でも、これまで『黒夢』がブラスを楽曲に取り入れていないというのは”さもありなん”といったところでしょう。

 

しかし、パンクで攻撃的な楽曲が多数収録されたアルバム『CORKSCREW』というタイミングで、とうとうブラスを前面に押し出した楽曲が登場するわけです。

もちろん、パンク色の強いアルバム『CORKSCREW』において、ブラスという楽器が”味変え”の役割を持っているのは確かでしょう。一方で、ブラス特有の”陽気”な音色が、ある種の挑発的役割を持っているようにも思えます。飄々としていながらも、汚い言葉を浴びせるという感じの使い方です(実際、本作『HELLO, CP ISOLATION』の歌詞はけっこう汚いです)。

つまり、一見『黒夢』の音楽性に溶け込みずらそうなブラスの音色も、攻撃的な楽曲群に紛れて挑発的な用途で使用するのであれば、けっして違和感のない配置になるというわけです

実際、アルバム『CORKSCREW』を通して聴いても、本作『HELLO, CP ISOLATION』の存在に違和感は感じないですよね。

 

ところで、本作『HELLO, CP ISOLATION』という曲名の「CP」って何なのでしょうね。

昨今(2018年)の「CP」といえば、ポケモンGOで使われる用語(Combat Power/ポケモンの強さを表す数値)を想像しますが…もちろんこの意味で使われているわけはないでしょう 笑。

 

『HELLO, CP ISOLATION』が収録されているアルバム『CORKSCREW』のレビューはこちらからどうぞ!

【アルバムレビュー】黒夢/CORKSCREW

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/永遠に葬れ

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/TRUE BLUE

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 ヴィジュアル系というジャンルにおけるバンドアンサンブルの方針、特に、ツインギターの絡み方を …

【個別楽曲レビュー】相対性理論/三千万年

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。 最初のミニアルバム『シフォン主義』の発表から10年が経とうとして …

【個別楽曲レビュー】チャットモンチー/風吹けば恋

キラキラしたかわいい女の子ではなく(失礼)、もっと素の女の子をシンプルなバンドサウンドで表現してきた『チャットモンチー』! 気づけば、数多く存在する部活動的雰囲気を持った現代ガールズバンドの元祖とも言 …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/END OF SORROW

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 ヴィジュアル系というジャンルにおけるバンドアンサンブルの方針、特に、ツインギターの絡み方を …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。