個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】黒夢/SPOON & CAFFEINE

投稿日:2018年11月8日 更新日:

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。

ヴィジュアル系にカテゴライズされるイメージがありますが、その音楽性はアルバムをリリースする度にガラッと変わっており、一つのジャンルで括ることはなかなかに難しいバンドです。

 

今回は、『黒夢』の楽曲、『SPOON & CAFFEINE』のレビューです。

 

coffee

全体概要

基本情報

アーティスト 黒夢
曲名 SPOON & CAFFEINE
演奏時間 2:28
作詞 清春
作曲 人時
編曲 黒夢

 

収録アルバム

アルバム名 トラック#
CORKSCREW 3

メジャー6thアルバム『CORKSCREW』の3曲目に収録。

 

レビュー

本作『SPOON & CAFFEINE』の“テレレッテレレッ”というイントロのギターフレーズ、なんだか聴いたことあるなと思ったら、『LUNA SEA』の『TONIGHT』でした。

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/TONIGHT

ただ、リリースした年代を比べてみると、本作『SPOON & CAFFEINE』が収録されているアルバム『CORKSCREW』は1998年の作品、『LUNA SEA』の『TONIGHT』は2000年の作品なのです。なので、“『LUNA SEA』の『TONIGHT』のイントロが『SPOON & CAFFEINE』に似ている”と表現する方が正しいということになりますね。

…いや、別にどっちがどっちをパクっただとか、そういう話がしたいわけではありません。『LUNA SEA』の『TONIGHT』と本作『SPOON & CAFFEINE』のどちらも知っていて、かつ、両曲のイントロが似ているなって思う方がいたら、”そうだよね”って、その気持ちを共有したかっただけです。

 

本作『SPOON & CAFFEINE』、タイトルだけ見ると“コーヒーの歌?”と思いそうですが、もちろんそうではありません 笑。

歌詞を見る限り、この曲名に込められたメッセージは、“ぬるい音楽なんか聴いてないで、目を覚ませ!”ということだと思われます。そう、“目を覚ませ”という意味で覚醒作用のある「CAFFEINE(カフェイン)」という言葉を使っているのですね。

ということで、本作『SPOON & CAFFEINE』、コーヒー片手にMacでドヤりながら聴く音楽ではありません。部屋に閉じこもり、爆音で頭を振りましょう 笑。

 

『SPOON & CAFFEINE』が収録されているアルバム『CORKSCREW』のレビューはこちらからどうぞ!

【アルバムレビュー】黒夢/CORKSCREW

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/ROUTE 666

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】B’z/ALONE

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティ …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/bravery

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/Providence

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 90年代後半はソロで大成したRYUICHIこと『河村隆一』のインパクトが良くも悪くもバンド …

【個別楽曲レビュー】B’z/太陽のKomachi Angel

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティ …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。