個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/Secret Signs

投稿日:2019年3月21日 更新日:

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』!

かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhydeの美貌によるカリスマ的な影響力もすごいものがありますが。

 

今回は『Secret Signs』の個別楽曲レビューです。

 

secret

全体概要

基本情報

アーティスト L’Arc〜en〜Ciel
曲名 Secret Signs
演奏時間 3:37
作詞 hyde
作曲 ken
編曲 L’Arc〜en〜Ciel

本作『Secret Signs』がアルバム『heavenly』収録曲の中で最も演奏時間の短い楽曲になります。

 

収録アルバム

アルバム名 トラック#
heavenly 5

オリジナルアルバム『heavenly』の5曲目に収録。

 

レビュー

跳ねるドラムにキャッチーなメロディーを乗せ、3分台のコンパクトな演奏時間にまとめた楽曲、『Secret Signs』。

アルバム『heavenly』では、力作『ガラス玉』の後に軽めの本作『Secret Signs』が配置されていますので、本作『Secret Signs』はちょっとした”お口直し”的に聴けていいですね。

濃いモノを食べた後に口にするシャーベットのような、そんな感じで楽しめます。

 

本作『Secret Signs』、歌詞は抽象的な表現で溢れているので具体的なところはわかりませんが、なんとなくセクシーな香りが漂います。

『Secret Signs』という曲名がついている通り、わざわざ「Secret(秘密)」にしなければいけない「Sign(合図)」を使っているわけですからね。昼間の太陽の下で大っぴらにできることがテーマでないのは確かでしょう 笑。

 

曲名について言えば、『Secret Signs』とわざわざ複数形になっているところにも思いを巡らせてみたいです。

ここでの「Sign」は”合図”と解釈するのが適当だと思いますが、そうだとすると、“合図を出す側”“合図を出される側”がいるはずです。つまり、登場人物は二人以上、少なくとも一人ではないですよね。

歌詞中に人称を表す言葉が一つも出てこないので、登場人物の明確な数はわかりませんが、まぁ、素直に考えれば二人というのが妥当でしょう。

そんな二人の間で交わされる「Signs」

「Sign」が複数形である一つの解釈は、“合図を出す側”が一人で複数の「Sign」を使っているという考えです。要求の種類がいくつかあるんでしょうかね。その要求ごとに異なる複数の「Sign」を使い分けているということで「Signs」

もう一つの解釈は、“合図を出す側”と”合図を出される側”が入れ替わるという考え。AさんからBさん向けの「Sign」と、BさんからAさん向けの「Sign」がそれぞれあり、両方まとめて「Signs」。お互いがそれぞれの「Sign」を使って要求し合うので、結果複数の「Sign」が存在する、という感じです。

上述の通り、複数形の「Signs」について二つの解釈を考えてみましたが、どうなんでしょうかね。楽曲の雰囲気だけで言えば攻守が入れ替わっている感じはしないので、前者の“合図を出す側”が一人で複数の「Sign」を使っているという線が濃いような気はしますが。

 

『Secret Signs』が収録されているアルバム『heavenly』のレビューはこちらからどうぞ!

【アルバムレビュー】L’Arc〜en〜Ciel/heavenly

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】GLAY/原色の空

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 『GLAY』の商業的全盛期はTAKUROがメインコンポーザーとしてシングルA面楽曲の全てを作詞作曲していましたが、2 …

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/猟奇的なキスを私にして

ギターボーカル担当の川谷絵音の不倫だったり、ドラム担当のほな・いこかが「さとうほなみ」名義で女優デビューしたりと、音楽面よりメンバーの素行が注目されてしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』 注目のされ方 …

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/デジタルモグラ

ギターボーカル担当の川谷絵音の不倫だったり、ドラム担当のほな・いこかが「さとうほなみ」名義で女優デビューしたりと、音楽面よりメンバーの素行が注目されてしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』 注目のされ方 …

【個別楽曲レビュー】相対性理論/四角革命

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。   メンバーの中ではボーカルの「やくしまるえつこ」がソ …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/Always And Always

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二! 解散したわけではな …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。