個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/LAMENTABLE

投稿日:

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。

90年代後半はソロで大成したRYUICHIこと『河村隆一』のインパクトが良くも悪くもバンドのイメージを左右していた印象でしたが、2010年の復活後は5人の個性がバランスよく発揮されたキレイな形で快進撃を続けているのが嬉しいですね。

 

今回は、『LUNA SEA』の楽曲、『LAMENTABLE』のレビューです。

 

computer

全体概要

基本情報

アーティスト LUNA SEA
曲名 LAMENTABLE
演奏時間 4:22
作詞 LUNA SEA
作曲 LUNA SEA
編曲 LUNA SEA

この曲名を初めて見たとき“ラーメンテーブル”と読んでしまい、油まみれの中華料理屋的な風景を想像してしまったのは内緒。

 

収録アルバム

アルバム名 トラック#
EDEN 9

オリジナルアルバム『EDEN』の9曲目に収録。

 

レビュー

『LUNA SEA』にしては珍しく、デジタルな世界を舞台にした1曲『LAMENTABLE』。コンピューター中毒(今風に言えば”スマホ中毒”でしょうか)を風刺したような内容に感じられます。

デジタルな世界が舞台ということもあってか、サウンドも近未来っぽい感じがしますね。

近未来っぽいとは言え、シンセを使って音作りしているわけでなく、いつも通りのバンドサウンドでこの雰囲気を演出しているのはさすがと言ったところでしょうか。本当に、ツインギターを使った音作りとフレーズが絶妙です。

 

そして本作『LAMENTABLE』、なんと言ってもキャッチーな上に疾走感があって非常に聴きやすいです!

サビで一番盛り上がる素直な構成ですしね。

アルバム『EDEN』の曲順で言えば、本作『LAMENTABLE』の前がちょっとアレだったので、個人的には余計に”待ってました!”感を抱いてしまいます 笑。

 

本作『LAMENTABLE』、けっこう人気出そうな楽曲だと思うのですが、『LUNA SEA』の作品の中ではけっこう地味な立ち位置にいるような気がします。

キャッチーでサビがわかりやすいなんて、普通過ぎて”おもしろみが無い”ということなんでしょうかね?

まぁ、確かに、私も本作『LAMENTABLE』をヘビロテするかと言えばそうでもないですし…。

『LUNA SEA』好きは、もっとこのバンドにクセの強い楽曲を求めているのかもしれません 笑。

 

『LAMENTABLE』が収録されているアルバム『EDEN』のレビューはこちらからどうぞ!

【アルバムレビュー】LUNA SEA/EDEN

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/Ray

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 後世に与えた音楽的影響度もさることながら、ファンのことを“SLAVE&#822 …

【個別楽曲レビュー】GLAY/KISSIN’ NOISE

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 デビューが『X JAPAN』のYOSHIKIプロデュースだったこともあり、ヴィジュアル系というカテゴリーに分類されこ …

【個別楽曲レビュー】チャットモンチー/恋の煙

キラキラしたかわいい女の子ではなく(失礼)、もっと素の女の子をシンプルなバンドサウンドで表現してきた『チャットモンチー』! 気づけば、数多く存在する部活動的雰囲気を持った現代ガールズバンドの元祖とも言 …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/SACRED

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 アンダーグラウンド界のカリスマボーカル”キリト”と、奇天烈なサウンドで世界観に …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/Face the change

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。