個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/LASTLY

投稿日:

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。

90年代後半はソロで大成したRYUICHIこと『河村隆一』のインパクトが良くも悪くもバンドのイメージを左右していた印象でしたが、2010年の復活後は5人の個性がバランスよく発揮されたキレイな形で快進撃を続けているのが嬉しいですね。

 

今回は、『LUNA SEA』の楽曲、『LASTLY』のレビューです。

 

watches

全体概要

基本情報

アーティスト LUNA SEA
曲名 LASTLY
演奏時間 6:00
作詞 LUNA SEA
作曲 LUNA SEA
編曲 LUNA SEA

本作『LASTLY』がアルバム『EDEN』収録曲の中で最も演奏時間の長い楽曲になります。

 

収録アルバム

アルバム名 トラック#
EDEN 6

オリジナルアルバム『EDEN』の6曲目に収録。

『LASTLY(最後に)』という曲名がついているものの、アルバム『EDEN』の曲順的には丁度真ん中に位置しています。

 

レビュー

間奏やAメロで聴けるベースのリフが印象的な楽曲、『LASTLY』。

本作『LASTLY』は約6分という割と長尺な楽曲ですが、退屈せずに1曲聴き通すことができるのは、このベースリフのおかげではないでしょうか。メロディアスでありながらも効果的に休符が使われていて、まるで歌うようなこのベースのフレーズは聴いていて気持ちいいです。

 

本作『LASTLY』、アルバム『EDEN』収録曲の中で最も演奏時間の長い楽曲なわけですが、こんなにも長尺になっている大きな理由は、2番サビが終わった後の間奏にあると思われます。

この部分、なんと約1分30秒も時間を割いているのです…!

ここはRYUICHIのラララ…に始まり、Jのベースソロ、ツインギターの絡み等、『LUNA SEA』メンバーそれぞれの見せ場があるところで、実は本作『LASTLY』の一番の聴きどころと言える部分なんですね。

特に、全体を通してベースに見せ場を持っていかれ気味だったギター陣は、ここぞとばかりに美しいギターソロを聴かせてくれます!

 

いわゆる”サビ”ではなく、バンドの演奏部分に楽曲の一番かっこいいところを持ってくる辺り、さすが『LUNA SEA』という感じがしますね。

一方で、歌モノとして音楽を楽しみたい方にとっては、本作『LASTLY』はやたらに長い楽曲という印象を抱き、あまり好きになれない作品かもしれません…。

 

『LASTLY』が収録されているアルバム『EDEN』のレビューはこちらからどうぞ!

【アルバムレビュー】LUNA SEA/EDEN

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】ZONE/大爆発 NO.1

“バンド”でも”アイドル”でもない“バンドル”という新しいジャンルで活動を始めた4人組グループ『ZONE』。 途中で本当に楽器を …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/GENESIS OF MIND 〜夢の彼方へ〜

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 再始動前の2009年、『LUNA SEA』のリードギターを担当するSUGIZOがHIDEの …

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/ROSE OF PAIN

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/WEEK END

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …

【個別楽曲レビュー】PEDRO/MAD DANCE

“楽器を持たないパンクバンド”がキャッチコピーのアイドルグループ『BiSH』。そのメンバーの一人であるアユニ・Dのソロプロジェクトが『PEDRO』です。 アイドルのソロとしては …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。