個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/Rejuvenescence

投稿日:

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。

90年代後半はソロで大成したRYUICHIこと『河村隆一』のインパクトが良くも悪くもバンドのイメージを左右していた印象でしたが、2010年の復活後は5人の個性がバランスよく発揮されたキレイな形で快進撃を続けているのが嬉しいですね。

 

今回は、『LUNA SEA』の楽曲、『Rejuvenescence』のレビューです。

 

nature

全体概要

基本情報

アーティスト LUNA SEA
曲名 Rejuvenescence
演奏時間 3:37
作詞 LUNA SEA
作曲 LUNA SEA
編曲 LUNA SEA

 

収録アルバム

アルバム名 トラック#
EDEN 3

オリジナルアルバム『EDEN』の3曲目に収録。

 

レビュー

よ…読めねぇ…!

本作『Rejuvenescence』、『LUNA SEA』の楽曲の中でもなんて読むのかわからない曲名ナンバー1ではないでしょうか(このバンドは中学生でもわかる単語を曲名に使ってくれることが多いのに…)。私は30年ほど生きていますが、この曲名でしか目にしたことの無い単語です。

とりあえず、Google翻訳に入力すれば発音してくれますので(便利な世の中!)、『Rejuvenescence』と入れて試してみたところ、“リジューベネッセンス”と言っているようでした。

…うん、改めて見返してみれば、まぁ、そのまんまの発音でしたね 笑。

 

ちなみに『Rejuvenescence』の意味は”若返り”だそうです。

このワードだけ見ると、”魔女が処女の生き血をすすって永遠の若さを手に入れる”とか、そんなストーリーを連想してしまいますが(しない?)、本作『Rejuvenescence』はそういうゴシックホラーな楽曲ではありません。なんというか、割と普通に”失われた愛”を歌った楽曲だと思います。

どういう意図で『Rejuvenescence』というタイトルを付けたんでしょうね。

今は”失われた愛”ですが、”まだその愛が失われていなかった過去”を思い出して、心の中は”若返る”とか、そういう意味でしょうか。。。うーん…。

少なくとも、”若返り”という言葉そのものの意味ではなく、”若返り”という言葉が持つ”時間逆行性”のエッセンスを気に入って『Rejuvenescence』というタイトルを付けたのかなと思います。そう考えるのが今のところ私の中で納得のいく落としどころです。

 

『Rejuvenescence』が収録されているアルバム『EDEN』のレビューはこちらからどうぞ!

【アルバムレビュー】LUNA SEA/EDEN

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/聖なる海とサンシャイン

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 大人の魅力を増して帰ってきてくれましたね! これから出す新曲やアルバムがどんなものになるのか楽しみです。年齢的な深みが増すこと …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/micro stress

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【個別楽曲レビュー】MALICE MIZER/Je te veux

今や芸能人格付けチェックの常連というイメージが強い『GACKT』。その『GACKT』が在籍していたバンドが『MALICE MIZER』です。 音楽業界の中でも異端な扱いを受けがちなV系バンドですが、そ …

【個別楽曲レビュー】GLAY/COME ON!!

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 耳馴染みの良いポップなメロディーと奇を衒わない素直な言葉で、J-POPの王道ともいえる音楽を世に繰り出し、人々を魅了 …

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/もう会えなくなるなんて

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。 エアーバンドだけあって、演奏代わりの奇抜なパフォーマンスが目立ちますが、鬼才・鬼龍院翔による独特な視点の楽曲も魅力です。 このまま『 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。