個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/WITH LOVE

投稿日:2018年12月10日 更新日:

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。

自身主宰のLUNATIC FEST.ではベテランバンドから若手バンドまでを巻き込み、日本のロックシーンに歴史的1ページを刻み込みました。活動再開後も、こうした形で『LUNA SEA』の活躍を見られるのは嬉しいですね。

 

今回は、『LUNA SEA』の楽曲、『WITH LOVE』のレビューです。

 

people

全体概要

基本情報

アーティスト LUNA SEA
曲名 WITH LOVE
演奏時間 5:13
作詞 LUNA SEA
作曲 LUNA SEA
編曲 LUNA SEA

 

収録アルバム

アルバム名 トラック#
LUNA SEA COMPLETE BEST (Disc 2) 5
SLOW 8
STYLE 1

メジャー4thオリジナルアルバム『STYLE』の1曲目に収録。

その他、いくつかのベストアルバムにも収録されています。

 

レビュー

非常に濃いアルバム『STYLE』の1曲目を飾るのが本作『WITH LOVE』。アルバム1曲目からいきなりスローテンポでねっとり系の楽曲の登場です。

アルバム『STYLE』の先行シングルとして『DESIRE』や『END OF SORROW』がリリースされていたわけですが、どちらも『LUNA SEA』らしいハイスピードなロックナンバーです。そんな楽曲を繰り出したバンドのニューアルバム、その1曲目がスローテンポなねっとりソングとは、なんというか、非常に挑戦的な感じがします。

 

ただ、本作『WITH LOVE』、決して退屈なだけの楽曲ではありません。

ねっとりと深呼吸をするように刻むバンドのリズムが、歌詞の「目覚めるのさ」というキーワードと非常にマッチしているんですよね。まさに、これから「目覚める」ためのエネルギーを溜めているかのような、そんな感覚があります。

アルバム『STYLE』にて本作『WITH LOVE』の後、#2 『G.』、#3『HURT』と爆発していく流れを考えても、「目覚めるのさ」という言葉は楽曲を超えてアルバム単位で意味を持っていくようにも思えます。

こうした背景を踏まえると、本作『WITH LOVE』はアルバム『STYLE』の1曲目としてこれ以上にないくらい相応しいことがわかっていただけるのではないでしょうか。

 

確かに初見は少々退屈に思えるかもしれませんが、アルバム『STYLE』を何周かしてみると、本作『WITH LOVE』そのものの良さと、本作がアルバム『STYLE』の中でどれほど重要な立ち位置を占めているのかということに気づけるかと思います。

 

『WITH LOVE』が収録されているアルバム『STYLE』のレビューはこちらからどうぞ!

【アルバムレビュー】LUNA SEA/STYLE

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/レッツゴーKY

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。通称”金爆(きんばく)”。 自分たちの好きなことをするため、あえてメジャーデビューを選ばずにインディーズで活動 …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/TRUE BLUE

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 ヴィジュアル系というジャンルにおけるバンドアンサンブルの方針、特に、ツインギターの絡み方を …

【個別楽曲レビュー】相対性理論/ペペロンチーノ・キャンディ

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。 最初のミニアルバム『シフォン主義』の発表から10年が経とうとして …

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/crying match

ギターボーカル担当の川谷絵音の不倫だったり、ドラム担当のほな・いこかが「さとうほなみ」名義で女優デビューしたりと、音楽面よりメンバーの素行が注目されてしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』 注目のされ方 …

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/Mysterious Eyes

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。