個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】PIERROT/ICAROSS

投稿日:2019年2月9日 更新日:

宗教的なカリスマ性中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。

アンダーグラウンド界のカリスマボーカル”キリト”と、奇天烈なサウンドで世界観にいろどりを添えるバンド隊の組み合わせはまさに唯一無二の存在。90年代後半から00年代前半にかけて数々の奇作を世に送り出し、潜在的中二病患者の爆発的発病に多大な貢献をしました。

 

今回は、『PIERROT』の楽曲、『ICAROSS』のレビューです。

 

angel

全体概要

基本情報

アーティスト PIERROT
曲名 ICAROSS
演奏時間 3:59
作詞 キリト
作曲 アイジ
編曲 Pierrot & 成田忍

 

収録アルバム

アルバム名 トラック#
FINALE 9

メジャー1stアルバム『FINALE』の9曲目に収録。

 

レビュー

蝋(ろう)の翼で太陽に近づくも、太陽の熱で翼が溶けてしまい、地上に墜落するというギリシャ神話の登場人物”イカロス”。

『PIERROT』の楽曲である本作『ICAROSS』、曲名からしてこのギリシャ神話をモチーフにしているのは疑いようがないでしょう。歌詞中にも「高熱の恒星」や「翼」といった、ギリシャ神話イカロスのキーワードに通ずる言葉が出てきます。

 

ただ、”蝋の翼”という表現が楽曲中に出てこないのは少々気になるところ。ギリシャ神話イカロスの最も特徴的なワードは、この”蝋の翼”だと思うので。

そういう意味では、本作『ICAROSS』は、ギリシャ神話をモチーフとしながらも、あくまで『PIERROT』オリジナルの物語を歌っている楽曲と考えるのが正しいのでしょうね。確かに、この楽曲で歌われている“懺悔のために、自ら太陽に焼かれに行く”というストーリーは『PIERROT』オリジナルです。

…しかし、何に対する「懺悔」なのでしょう。#7 『MAD SKY -鋼鉄の救世主-』にて中二病を発症したことへの懺悔でしょうか。

【個別楽曲レビュー】PIERROT/MAD SKY -鋼鉄の救世主-

確かに、顔を枕にうずめて過去の黒歴史を思い出している瞬間は、太陽に焼かれても構わないほど“うわあああ”ってなりますが。。。

 

ところで、ギリシャ神話のイカロスですが、正しい英語表現は“ICARUS”であり、本作の曲名『ICAROSS』とは微妙にスペルが異なります。

ギリシャ神話をモチーフとしながらも、物語そのものは『PIERROT』オリジナルという意味を込め、本家の”ICARUS”とはスペルを変えた『ICAROSS』という文字列をこの作品の曲名として与えたのかもしれませんね。

 

『ICAROSS』が収録されているアルバム『FINALE』のレビューはこちらからどうぞ!

【アルバムレビュー】PIERROT/FINALE

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/NECESSARY

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【個別楽曲レビュー】B’z/Calling

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティ …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/不愉快な6番街へ(Unpleasant 6th Avenue)

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! このバンドを紹介する際、当たり前のように『THE YELLOW MONKEY』と打ち込んでいるわけですが、よく考えるとこの言葉 …

【個別楽曲レビュー】GLAY/3年後

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 耳馴染みの良いポップなメロディーと奇を衒わない素直な言葉で、J-POPの王道ともいえる音楽を世に繰り出し、人々を魅了 …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/Newborn Baby

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 アンダーグラウンド界のカリスマボーカル”キリト”と、奇天烈なサウンドで世界観に …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。