個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】PIERROT/ラストレター

投稿日:2019年2月10日 更新日:

宗教的なカリスマ性中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。

アンダーグラウンド界のカリスマボーカル”キリト”と、奇天烈なサウンドで世界観にいろどりを添えるバンド隊の組み合わせはまさに唯一無二の存在。90年代後半から00年代前半にかけて数々の奇作を世に送り出し、潜在的中二病患者の爆発的発病に多大な貢献をしました。

 

今回は、『PIERROT』の楽曲、『ラストレター』のレビューです。

 

cherry-blossoms

全体概要

基本情報

アーティスト PIERROT
曲名 ラストレター
演奏時間 6:01
作詞 キリト
作曲 キリト
編曲 Pierrot & 成田忍

メジャー4thシングル。

 

収録アルバム

アルバム名 トラック#
HELLO COMPLETE SINGLES AND PV COLLECTION (Disc 1) 6
DICTATORS CIRCUS -A variant BUD- 4
FINALE 10

メジャー1stアルバム『FINALE』の10曲目に収録。

 

レビュー

キリト執筆の短編小説”チェリー・トゥリーズ”が同封された4thシングル、その表題曲が本作『ラストレター』。

『PIERROT』にとって、最後の8cmCD(懐かしい…!)となったのも本作『ラストレター』です。

 

1stシングルの『クリア・スカイ』から3rdシングルの『ハルカ…/カナタヘ…』までは、現実離れしたファンタジー的終末感を描いた作品が続きましたが、4thシングルの『ラストレター』は太平洋戦争中の日本という現実の世界を舞台とした楽曲になっています。

特攻隊として死を覚悟した青年が書いた「君」への手紙。それが『ラストレター』という言葉の意味です。歌詞中にて”さいご”という言葉を一貫して「最期」と表現しているところに、主人公の待ち受けている未来が”死”であることが暗に伝わります。

それから、1番Bメロの歌詞が美しいですね。”川の清らかな流れ”と”死に対する迷いのない覚悟”を重ねて表現すると同時に、「まだ見ぬ向こう岸」という言葉がいわゆる”三途の川”をリスナーに連想させ、死へ向かっていく主人公の避けられない運命を詩的に描いています。

 

インディーズアルバム『パンドラの匣』から中二病心に響く迷作(?)を連発してきた『PIERROT』ですが、メジャー4thシングルの本作『ラストレター』にて、とうとう中二病を超越した普遍的名作が生まれたという感じがします。

『PIERROT』というバンドの持つ独特な宗教的雰囲気が受け付けない方でも、本作『ラストレター』の良さはすんなりと理解できるのではないでしょうか。

 

『ラストレター』が収録されているアルバム『FINALE』のレビューはこちらからどうぞ!

【アルバムレビュー】PIERROT/FINALE

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/Looking Back On Your Love

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【個別楽曲レビュー】hide/PSYENCE

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/甘い経験

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! シングルのリリースはあったものの、2018年7月現在、未だに復活後のオリジナルアルバムが発表されていません(*)。過去の名盤た …

【個別楽曲レビュー】黒夢/HELLO, CP ISOLATION

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 ヴィジュアル系にカテゴライズされるイメージがありますが、その音楽性はアルバムをリリースする度にガラッと変わっており、一つのジャンルで …

【個別楽曲レビュー】黒夢/YA-YA-YA!

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 ヴィジュアル系にカテゴライズされるイメージがありますが、その音楽性はアルバムをリリースする度にガラッと変わっており、一つのジャンルで …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。