個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/DEAR LOSER

投稿日:

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。

YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを虜にした楽曲、どこを切り取っても、もはや芸術とまで呼んでしまえそうな、そんな唯一無二のバンド。

2007年の再結成とその後の新たな飛躍を天国のHIDEも喜んで見守ってくれていると信じています。

 

今回は、『X JAPAN』の楽曲、『DEAR LOSER』のレビューです。

 

depression

全体概要

基本情報

アーティスト X JAPAN
曲名 DEAR LOSER
演奏時間 2:27
作詞
作曲 TAIJI
編曲 X

ベーシストTAIJI作曲のインスト楽曲。

 

収録アルバム

アルバム名 トラック#
Vanishing Vision 1

インディーズアルバム『Vanishing Vision』の1曲目に収録。

 

レビュー

『X JAPAN』(当時のバンド名はX)の記念すべき1枚目のアルバム『Vanishing Vision』、その1曲目は、なんとリーダーYOSHIKIではなくベースのTAIJIが作曲したインストナンバーが配置されています。

Xと言えばYOSHIKIのワンマンバンド的な印象がありますので、最初のアルバムの最初の楽曲はYOSHIKIの楽曲が当然のように収録されていそうですが、そうではないんですね。

 

本作『DEAR LOSER』、曲名を直訳すると“親愛なる敗者”といったところでしょうか。

今では世界進出も果たし、紛れもない勝者となったXですが、インディーズ時代の当時は”ヘビメタバンドのくせにメディア露出が多いイロモノバンド”という扱いを受けており、硬派なロック業界関係者等からは白い目で見られていたようです。

記念すべき1枚目のアルバム『Vanishing Vision』の1曲目に“親愛なる敗者”という意味の楽曲を配置したのは、こういった扱いに対する“今に見てろよ”という想いがあったのではと推測します。

つまり、”敗者”とは”イロモノ扱いされていた自分たち”のことであり、”イロモノ扱いしてやがるけど、音楽は本物よ?”という想いを込めて本作『DEAR LOSER』をアルバムの1発目に仕込んだということです。

 

…上述はただの私の推測ですが、“今に見てろよ”という想いが『DEAR LOSER』に本当に込められていたとしたら、それは十分すぎるほどに果たされたと、今なら間違いなく言えますね。

 

VANISHING VISION 2000年 (型番XXC-1001) (Amazonリンク)

(『Vanishing Vision』のAmazonリンクです。『Vanishing Vision』の過激なジャケットを表示させるとGoogle先生に怒られそうなので、文字リンクの配置とさせてください。)

 

『DEAR LOSER』が収録されているアルバム『Vanishing Vision』のレビューはこちらからどうぞ!

【アルバムレビュー】X JAPAN/Vanishing Vision

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】B’z/ALONE

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティ …

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/さよなら冬美

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。 エアーバンドだけあって、演奏代わりの奇抜なパフォーマンスが目立ちますが、鬼才・鬼龍院翔による独特な視点の楽曲も魅力です。 このまま『 …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/DESIRE

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 後世に与えた音楽的影響度もさることながら、ファンのことを“SLAVE&#822 …

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/call my name

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET …

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/永遠を駆け抜ける一瞬の僕ら

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 メンバーが楽曲制作に携わる場合、ボーカルが作詞 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。