個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/DRAIN

投稿日:

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。

YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを虜にした楽曲、どこを切り取っても、もはや芸術とまで呼んでしまえそうな、そんな唯一無二のバンド。

2007年の再結成で新たな伝説のページを刻み始めた『X JAPAN』ですが、オリジナルアルバム0枚のまま、既に再結成以降の期間がメジャーデビューから解散までの期間(1989年~1997年)を上回っていることに気付かされます…。

 

今回は、『X JAPAN』の楽曲、『DRAIN』のレビューです。

 

water

全体概要

基本情報

アーティスト X JAPAN
曲名 DRAIN
演奏時間 3:28
作詞 HIDE & TOSHI
作曲 HIDE
編曲 HIDE

 

収録アルバム

アルバム名 トラック#
DAHLIA 9

オリジナルアルバム『DAHLIA』の9曲目に収録。

 

レビュー

HIDEが作曲だけでなく編曲まで含めて担った作品、『DRAIN』。

ある意味、HIDEのソロ曲をToshlに歌わせ、『X JAPAN』の楽曲としてパッケージングしたものと捉えてもいいかもしれません。事実、のちにHIDEが『zilch』名義で『WHAT’S UP MR.JONES?』と名前を変えて本作『DRAIN』をカバーしていますし。

サウンド的にはHIDEソロの『BACTERIA』なんかと近い感じですかね。デジタルっぽく加工した歪んだギターをズクズクやったりかき鳴らしたり。HIDEソロの2ndアルバム『PSYENCE』と本作『DRAIN』が収録されている『DAHLIA』の発売日もけっこう近いこともあって、この頃のHIDEのサウンドが本作『DRAIN』に流れ込んでいるのかもしれません。

 

そんなHIDEっぽさ溢れるサウンドにToshlの美声が乗っかることで、本作『DRAIN』特有のかっこよさが完成しています。

いや、本当にかっこいいんです、本作『DRAIN』!

言葉足らずで申し訳ないのですが、HIDEのセンスとToshlの美声が見事に調和した傑作の一つだと思っています。HIDE作曲のX楽曲といえば『Joker』や『CELEBRATION』の方が有名かもしれませんが、個人的には本作『DRAIN』が一番好きです。

 

アルバム『DAHLIA』収録曲の多くはシングル化されていますが、本作『DRAIN』は稀なる純粋なアルバム曲の一つです。本作『DRAIN』はベストアルバム未収録楽曲ですので、この楽曲が収録されていることが、アルバム『DAHLIA』を手に取る大きな理由となるでしょう。

 

『DRAIN』が収録されているアルバム『DAHLIA』のレビューはこちらからどうぞ!

【アルバムレビュー】X JAPAN/DAHLIA

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/RA-SE-N

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 自身主宰のLUNATIC FEST.ではベテランバンドから若手バンドまでを巻き込み、日本の …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/Twelve

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 アンダーグラウンドで知的で過激。当時の10代リスナーはある種の選民思想を抱きながら『PIERROT』の …

【個別楽曲レビュー】B’z/さまよえる蒼い弾丸

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティ …

【個別楽曲レビュー】相対性理論/(恋は)百年戦争

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。 最初のミニアルバム『シフォン主義』の発表から10年が経とうとして …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/DEAR FEELING

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 大人の魅力を増して帰ってきてくれましたね! これから出す新曲やアルバムがどんなものになるのか楽しみです。年齢的な深みが増すこと …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。