個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/XCLAMATION

投稿日:2018年5月7日 更新日:

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。

YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを虜にした楽曲、どこを切り取っても、もはや芸術とまで呼んでしまえそうな、そんな唯一無二のバンド。

2007年の再結成とその後の世界進出で、解散前よりもパワーアップした『X JAPAN』にまだまだ目を離せませんね!

今回は、『X JAPAN』の楽曲、『XCLAMATION』のレビューです。

※『X JAPAN』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/X JAPAN

music

『XCLAMATION』の全体概要

基本情報

アーティストX JAPAN
曲名XCLAMATION
演奏時間3:57
作詞
作曲HIDE & TAIJI
編曲X

ギターのHIDEとベースのTAIJIが作曲したインスト楽曲。

YOSHIKI以外でXの楽曲を作曲することの多い2名がHIDEとTAIJIですね。

『XCLAMATION』収録アルバム

アルバム名トラック#
BLUE BLOOD8
STAR BOX8

メジャー1stオリジナルアルバム『BLUE BLOOD』の8曲目に収録。

インスト曲ですが、ベストアルバム『STAR BOX』にも収録されています。

※『XCLAMATION』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

本作曲名の『XCLAMATION』、これは英単語としては存在しない言葉になります。おそらくですが、“exclamation”をベースにした造語なのでしょう。

“exclamation”は”絶叫”や”感嘆”を意味する言葉です。通称ビックリマークの”!”という記号もこの単語を用いた”exclamation mark”という正式名称が付いています。

本作『XCLAMATION』、楽曲の方はボーカル無しのインストになっています。

インスト曲とは言え演奏時間が4分弱もあるため、いわゆる”前後のつなぎ”的な作品ではなく、しっかりと”一つの楽曲”として作られたものであることが伺えます。

箸休め的にさらっと聴き流すというより、じっくりと聴くように作られていると言い換えてもいいかもしれません。

『XCLAMATION』、楽曲の内容は二部構成になっています。

前半はエスニックなリズムとミステリアスなギターの絡み。

作曲にクレジットされているHIDEとTAIJIのうち、HIDEが主に担当した部分なのかなと勝手に想像しています。『X JAPAN』の一般的なイメージって”攻撃的”とか”耽美的”とか、そういう言葉に集約されると思うのですが、『XCLAMATION』前半部分のような”攻撃的”でも”耽美的”でもないアプローチってHIDEのアイディアな気がするんですよね。

後半は一転してTAIJIのベースが動き回るテクニカルなパートになります。

ここはやはりTAIJI主導で作られた部分でしょうね。ロックバンドのライブでよくあるベースソロ的なコーナーを想像してもらえるとわかりやすいかもしれません。ベースが一番目立つように他の楽器は後ろから支えているような、そんな聴き心地です。

Amazonで試聴できます。

『XCLAMATION』収録アルバムレビューリンク

※『X JAPAN』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/X JAPAN

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/男心と秋の空

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。通称”金爆(きんばく)”。 自分たちの好きなことをするため、あえてメジャーデビューを選ばずにインディーズで活動 …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/愛の 愛の星

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二です! そんな『the …

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/Marionette Fantasia

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 メンバーが楽曲制作に携わる場合、ボーカルが作詞 …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/追憶のマーメイド

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 流行りに左右されない、媚びないロックサウンドが大好きです!! 復活してからも、変わらずにギラギラした妖しいロックを奏でていって …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/HANG ONTO YOURSELF

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! バンド名からして皮肉たっぷりですが、楽曲もバンド名に負けず劣らずの皮肉な内容が多いです。ただ、しっかり芯を捉えた言葉は胸にとっ …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。