個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/X

投稿日:2018年5月6日 更新日:

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。

YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを虜にした楽曲、どこを切り取っても、もはや芸術とまで呼んでしまえそうな、そんな唯一無二のバンド。

2007年の再結成とその後の世界進出で、解散前よりもパワーアップした『X JAPAN』にまだまだ目を離せませんね!

今回は、『X JAPAN』の楽曲、『X』のレビューです。

※『X JAPAN』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/X JAPAN

alphabetic-character

『X』の全体概要

基本情報

アーティストX JAPAN
曲名X
演奏時間6:01
作詞白鳥瞳
作曲YOSHIKI
編曲X

白鳥瞳はYOSHIKIのペンネーム。

名前のイメージとは裏腹に、攻撃的な詞を書く際にこのペンネームを使う傾向があります。

『X』収録アルバム

アルバム名トラック#
BLUE BLOOD5
X SINGLES4
B.O.X 〜Best of X〜 (Disc 1 Best of X)9
STAR BOX11
PERFECT BEST (Disc 2)6
THE WORLD 〜X JAPAN 初の全世界ベスト〜 (DISC 1)10

メジャー1stオリジナルアルバム『BLUE BLOOD』の5曲目に収録。

本作『X』は様々なベストアルバムに収録されていますが、『B.O.X 〜Best of X〜』を除いて全てがライブバージョンです。

※『X』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

2007年に再結成した『X JAPAN』というバンド、今ではすっかり『X JAPAN』というバンド名で定着していますが、1992年までは”JAPAN”の表記は無く、シンプルにアルファベット1文字の”X”というバンド名でした。

“JAPAN”の表記が追加されたのは、当時世界進出に伴い、日本国外に存在する同じ”X”という名前のバンドと区別する必要があったためと言われています。

本楽曲『X』がアルバム『BLUE BLOOD』に収録されてリリースされたのが1989年のことですので、この頃はまだ”X”というバンド名を使っていたわけですね。

つまり、本作『X』はバンド名をそのまま冠した楽曲であり、『X JAPAN(当時X)』にとって思い入れの強い1曲であったろうと想像されます。

楽曲自体はまさにこのバンドのイメージ通り、攻撃的な仕上がりになっています。

演奏時間は6分を超えていますが、最初から最後まで攻撃の手を緩めることなく駆け抜ける濃密な構成な上、ツーバスの16分連打が何か所も出てくるので、YOSHIKIは死ぬ思いで演奏しているんじゃないでしょうかね 笑。

もちろん、リスナーはこの狂気のツーバス連打に痺れるわけですが 笑。

本作『X』はライブで定番の楽曲で、観客が手を”Xの字”にして飛び上がる、通称“Xジャンプ”もこの楽曲の演奏中に繰り出されます。

そういった背景もあってか、本作『X』はベストアルバム収録時に何かとライブバージョンが採用される傾向にあります。再結成後にリリースされたベストアルバム『THE WORLD 〜X JAPAN 初の全世界ベスト〜』も、ライブバージョンで収録されていましたし。

ライブバージョン特有の臨場感も捨てがたく、ライブバージョン自体を否定するつもりは無いのですが、”基礎を固める”という意味でスタジオ音源版は押さえておきたい派も一定数いると思います(私もそのタイプです)。

そんな一派(?)にオススメしたいのが、アルバム『BLUE BLOOD』です!

こちらには『X』のスタジオ音源版が収録されており、しっかり”基礎を固める”ことができます!

このスタジオ音源版で『X』という楽曲の交じりっ気のない姿を感じてみてください!

『X』収録アルバムレビューリンク

※『X JAPAN』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/X JAPAN

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】GLAY/原色の空

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 『GLAY』の商業的全盛期はTAKUROがメインコンポーザーとしてシングルA面楽曲の全てを作詞作曲していましたが、2 …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/鮮やかなもの

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/ART OF LIFE

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/ENDLESS RAIN

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …

【個別楽曲レビュー】GLAY/Life 〜遠い空の下で〜

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 同郷の友人で組んだバンドが天下を取るという、少年漫画もびっくりの熱いストーリーも『GLAY』の魅力の一つです。青春を …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。