個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/忙しくてよかった

投稿日:2018年3月24日 更新日:

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。通称”金爆(きんばく)”。

自分たちの好きなことをするため、あえてメジャーデビューを選ばずにインディーズで活動を続ける姿は、まさにロックと言えるのではないでしょうか。純粋にかっこいいと思えます。

今回は、『忙しくてよかった』の個別楽曲レビューです。

※『ゴールデンボンバー』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/ゴールデンボンバー

pedestrians

『忙しくてよかった』の全体概要

基本情報

アーティストゴールデンボンバー
曲名忙しくてよかった
演奏時間4:27
作詞鬼龍院翔
作曲鬼龍院翔
編曲tatsuo & 鬼龍院翔

『忙しくてよかった』収録アルバム

アルバム名トラック#
ゴールデン・アワー〜上半期ベスト2010〜4

『ゴールデン・アワー〜上半期ベスト2010〜』の4曲目に収録。

※『忙しくてよかった』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

『忙しくてよかった』という曲名が付いていますが、『忙しくてよかった』と思ったこと、ありますかね?

もちろん私はありません 笑。完全に”忙しくてイヤだな“と思ったことしかないです。

テレビとか見てると、”忙しくさせてもろうてます~”みたいな言葉を時々耳にしますよね。お笑いタイトルを獲得して一気に知名度が上がった芸人さんとか。この”忙しくさせてもろうてます~”というセリフは、”忙しいこと=いいこと、嬉しいこと”が前提になっているはず。

このセリフが本心か否か、という疑いを挟む余地はありますが、それでも、きっと本心でしょうから、”忙しくさせてもろうてます~”と言える姿を非常に羨ましいなと思う今日この頃です。

結局、”忙しいこと”=”嬉しいこと”って感じられるのは、好きなことを仕事にしているからなんですよね。

私なんか、土日を楽しみに月曜から金曜を過ごしていますので、忙しくて土日出勤するときは”クソが”としか思っていません。間違っても、土日出勤中に”忙しくさせてもろうてます~”とは言えません。…好きなことを仕事にしていないからでしょうね。

“趣味を仕事にすると、好きじゃなくなるからやめたほうがいい”という話は聞きますが、好きじゃないことを仕事にしても結局辛いので、どうせなら好きなことを仕事にする方がいいんじゃないかなと、今になって思います。

学生の内にこのことに気付けていればな。。。

ところで本作『忙しくてよかった』は、上述の”忙しくさせてもろうてます~”系の意味ではありません。もう、全然関係ありません 笑。

なぜ『忙しくてよかった』のかは、曲が始まって最初の1、2行で明かされますので、気になる方は聴いてみてください。

盛大な前フリ、失礼しましたm(__)m

Amazonで試聴できます。

『忙しくてよかった』収録アルバムレビューリンク

※『ゴールデンボンバー』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/ゴールデンボンバー

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】B’z/Pleasure’91 〜人生の快楽〜

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティ …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/Dejavu

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 ヴィジュアル系というジャンルにおけるバンドアンサンブルの方針、特に、ツインギターの絡み方を …

【個別楽曲レビュー】ポルカッドットスティングレイ/顔も覚えてない

2017年、ブレイク間違いなし(と思っていたけど、あんまりそうでもなかった)バンド、『ポルカドットスティングレイ』!! 影ながら活動を応援していましたが、2017年11月にとうとうメジャーデビューを果 …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/Butterfly’s Sleep

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/満月に照らされた最後の言葉

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 2006年突如解散してしまいましたが、最近になってライブを開催してみたりファンクラブを再始動させたりと …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。