個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】B’z/BLOWIN’

投稿日:2019年6月23日 更新日:

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。

『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティスト・トータル・セールス(CD)が歴代1位という記録は最もインパクトのあるものではないでしょうか。

シンプルに、日本の歴史上最もCDを売り上げたアーティストが、この『B’z』というバンドなのです…!

CDという媒体自体が売れない時代になった今、この記録を塗り替えるアーティストが現れることはないかもしれませんね…。

今回は、『B’z』の個別楽曲、『BLOWIN’』のレビューです。

※『B’z』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/B’z

parachute

『BLOWIN’』の全体概要

基本情報

アーティストB’z
曲名BLOWIN’
演奏時間3:53
作詞稲葉浩志
作曲松本孝弘
編曲松本孝弘 & 明石昌夫

10thシングルのA面曲。売上枚数約176万枚のミリオンヒット作品。

このシングルのカップリング曲はファン人気の高い『TIME』が収録されています。

『BLOWIN’』収録アルバム

アルバム名トラック#
B’z The Best “Treasure”1
B’z The Best “ULTRA Treasure” (DISC 1)1
B’z The Best XXV 1988-1998 (DISC1)10

オリジナルアルバム未収録。

『B’z The Best “ULTRA Treasure”』には生音感が増した”-ULTRA Treasure Style-“にて収録されています。

※『BLOWIN’』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

爽やかなサウンドと耳残りのよいキャッチーなサビが気持ちいい1曲、『BLOWIN’』。

サビと同じメロディーを派手な音色でイントロに使ってたり、ついつい口ずさみたくなる歌詞だったり、90年代J-POPのヒット曲っぽい香りがプンプンに漂っております。事実、本作『BLOWIN’』は総売上枚数が約176万枚と、『B’z』の歴代シングルの中で3番目のヒットを記録しています。

『B’z』側に本作『BLOWIN’』に特別な思い入れがあるのか、ベストアルバム『B’z The Best “ULTRA Treasure”』には再録版の”-ULTRA Treasure Style-“が収録されています。

さらに、この『B’z The Best “ULTRA Treasure”』はリリース順に楽曲が収録されているのですが、最も古いわけでは無い本作『BLOWIN’』が例外的にも1曲目として収録されています。このことからも、なんとなく『B’z』側が本作『BLOWIN’』に特別な思い入れを感じているような気がするんですよね。

…本当のところはわかりませんが 笑。

さて、本作『BLOWIN’』、すごく爽やかでノリのいい楽曲なので、勝手に夏の歌だと思っていましたが、リリースされたのは1992年5月だったようです。

夏というにはちょっと早すぎる季節でした…が、やっぱり『BLOWIN’』を聴くと夏って感じがします!

海に向かう車の中で聴くと、最高の気分になれそうな1曲です。

ブローウィンブローウィンインザウィンディエス!

『BLOWIN’』収録アルバムレビューリンク

※『B’z』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/B’z

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/酔わせてモヒート

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。 エアーバンドだけあって、演奏代わりの奇抜なパフォーマンスが目立ちますが、鬼才・鬼龍院翔による独特な視点の楽曲も魅力です。 このまま『 …

【個別楽曲レビュー】GLAY/JUNK ART

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 同郷の友人で組んだバンドが天下を取るという、少年漫画もびっくりの熱いストーリーも『GLAY』の魅力の一つです。青春を …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/There will be love there -愛のある場所-

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二です! そんな『the …

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/jajaumasan

2014年メジャーデビューの後、2015年に紅白歌合戦へ出演と、国民的なバンドへ成長していた矢先、例の不倫事件で世間のイメージが急降下してしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』。 とは言え、有名人が不倫 …

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/今日の君と明日を待つ

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 メンバーが楽曲制作に携わる場合、ボーカルが作詞 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。