個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】相対性理論/ミス・パラレルワールド

投稿日:2018年1月22日 更新日:

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』!

実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。

最初のミニアルバム『シフォン主義』の発表から10年以上が経過した現在、当時の勢いを感じられていないというのが正直なところ。もう一度我々をざわつかせてくれる日を待っています。

今回は、『シンクロニシティーン』の2曲目『ミス・パラレルワールド』のレビューです。

※『相対性理論』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/相対性理論

globe

『ミス・パラレルワールド』の全体概要

基本情報

アーティスト相対性理論
曲名ミス・パラレルワールド
演奏時間3:47
作詞真部脩一 & ティカ・α
作曲やくしまるえつこ & 永井聖一 & 真部脩一 & 西浦謙助
編曲?

作詞にクレジットされている”ティカ・α”とはやくしまるえつこの別名義。

作曲は『相対性理論』の初期メンバー全員が関わっているという格好。

『ミス・パラレルワールド』収録アルバム

アルバム名トラック#
シンクロニシティーン2

『シンクロニシティーン』の2曲目に収録されています。

※『ミス・パラレルワールド』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

『相対性理論』に『シフォン主義』というアルバムがありまして。そのアルバムに『LOVEずっきゅん』という楽曲が収録されています。こちらは『LOVEずっきゅん』のMVです。

このMVの中で、画面上部に”世界のきょうの天気”が表示されます。東京 晴れ、ウェストメルボルン くもり…など。

“世界のきょうの天気”に出てくる都市、けっこうマイナーなものが多く、何の脈絡もないのですが、各都市の頭文字を繋げると…

本作『ミス・パラレルワールド』のサビのフレーズになります!

…だから何だって話ではありますが 笑。

MVを見ると、『LOVEずっきゅん』と『ミス・パラレルワールド』に関連がありそうなのですが、個人的には、『LOVEずっきゅん』よりも『ハイファイ新書』収録の『四角革命』の方が本作『ミス・パラレルワールド』に近いものを感じます。

「ひみつの組織」だとか「遠い未来」だとか、SFチックなワードのせいでしょうかね。

本作『ミス・パラレルワールド』、『相対性理論』らしい楽曲なのですが、サビの「パラレル」連呼はちょっと狙い過ぎているような気がして、ハマりきれなかったってのが正直な感想です。天然のフリしたあざとい女のような、そんな臭いを感じ取ります。

…確かに記憶には残るんですけどね 笑。

『相対性理論』にはもう一捻りを期待したいです。

Amazonで試聴できます。

『ミス・パラレルワールド』収録アルバムレビューリンク

※『相対性理論』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/相対性理論

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】GLAY/YOU MAY DREAM

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 耳馴染みの良いポップなメロディーと奇を衒わない素直な言葉で、J-POPの王道ともいえる音楽を世に繰り出し、人々を魅了 …

【個別楽曲レビュー】GLAY/mister popcorn

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 ヒットソングだけを取り出してみれば、確かに耳馴染みの良い王道J-POPな楽曲で溢れていますが、ひとたび『GLAY』の …

【個別楽曲レビュー】JUDY AND MARY/ラッキープール

女性ボーカルに男性楽器隊という編成で平成の日本音楽史に数々のヒットソングを送り込んだバンド『JUDY AND MARY』。 1993年のメジャーデビュー後、6枚のオリジナルアルバムを残して2001年に …

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/Last love song

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET …

【個別楽曲レビュー】黒夢/FASTER BEAT

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 ヴィジュアル系にカテゴライズされるイメージがありますが、その音楽性はアルバムをリリースする度にガラッと変わっており、一つのジャンルで …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。