個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】相対性理論/シンデレラ

投稿日:2018年1月21日 更新日:

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』!

実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。

最初のミニアルバム『シフォン主義』の発表から10年以上が経過した現在、当時の勢いを感じられていないというのが正直なところ。もう一度我々をざわつかせてくれる日を待っています。

今回は、『シンクロニシティーン』の1曲目『シンデレラ』のレビューです。

※『相対性理論』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/相対性理論

architecture

『シンデレラ』の全体概要

基本情報

アーティスト相対性理論
曲名シンデレラ
演奏時間3:19
作詞真部脩一
作曲真部脩一
編曲?

『シンデレラ』収録アルバム

アルバム名トラック#
シンクロニシティーン1

『シンクロニシティーン』の1曲目に収録されています。

※『シンデレラ』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

童話で有名な作品の名前をそのまま曲名に持った来た本作『シンデレラ』。

ただ、楽曲の主人公(視点)は”シンデレラ側”ではなく、“魔法使い側”になっているようです。魔法でカボチャの馬車やドレスを用意する人、あの人がシンデレラに対して語りかけるような内容に読めます。

“私は魔法使い~”というような自己紹介はありませんが、シンデレラに対してお城へ行くよう促しているので、魔法使いのポジションがおそらくこの楽曲の視点になっているものと思います。

しかし、これは『相対性理論』の楽曲。皆さんの知っているシンデレラのお話そのままではありません。

なんと、カボチャの馬車ではなく、バイクでお城へ向かっているとのこと。しかも、歌詞中にてしっかり車種まで教えてくれています。「ボンネビル」というバイクらしいです。どうやら速いらしいです。

この「ボンネビル」の後部にシンデレラを乗せ、お城へ向かっているのですが、運転手(これがおそらく童話でいうところの魔法使い)は「ボンネビル」の自慢ばかりしています

というか、この『シンデレラ』という楽曲のサビは「ボンネビル」の魅力を語る言葉で埋め尽くされています。曲名自体を『シンデレラ』ではなく「ボンネビル」にしたほうがよかったんじゃないかってくらい 笑。

まぁ、このツッコミが来ることも計算した上で作られた楽曲かと思いますが。

しかし、これから王子に会う予定のある女性をバイクでお届けするのはいかがなものでしょうかね。せっかくセットした髪型も、ヘルメットをかぶると台無しになってしまいますから…。

Amazonで試聴できます。

『シンデレラ』収録アルバムレビューリンク

※『相対性理論』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/相対性理論

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】PIERROT/Analyze Chat「FREAKS」

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 このバンドが活躍していた90年代後半から00年代前半頃はまだ”中二病”という言 …

【個別楽曲レビュー】GLAY/Will Be King

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 デビューから20年以上経つベテランバンドですが、長寿バンドに付きものの”メンバー間の確執”と …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/NECESSARY

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【個別楽曲レビュー】黒夢/M■STURBATING SMILE

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 ヴィジュアル系にカテゴライズされるイメージがありますが、その音楽性はアルバムをリリースする度にガラッと変わっており、一つのジャンルで …

【個別楽曲レビュー】hide/EYES LOVE YOU

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。