個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】相対性理論/おはようオーパーツ

投稿日:2017年4月5日 更新日:

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』!

実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。

メンバーの中ではボーカルの『やくしまるえつこ』がソロでも曲を出したりと、割と有名なんじゃないでしょうか。

今回は、『シフォン主義』の4曲目『おはようオーパーツ』のレビューです。

※『相対性理論』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/相対性理論

goodmorning

『おはようオーパーツ』の全体概要

基本情報

アーティスト相対性理論
曲名おはようオーパーツ
演奏時間3:29
作詞真部脩一
作曲真部脩一
編曲?

曲名に出てくる「オーパーツ」という言葉、日本語では”時代錯誤遺物”という意味らしいです。語源は”out-of-place artifacts“を略した”OOPARTS”になります。

詳しくはWikipediaを参照ください。オーパーツ/Wikipedia

どことなく、インテリ臭が漂う曲名です。

『おはようオーパーツ』収録アルバム

アルバム名トラック#
シフォン主義 4

『シフォン主義』の4曲目に収録されています。

※『おはようオーパーツ』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

まったりした電波ソングって感じです。特に歌詞。

「yeah」や「wow」を繰り返すだけという、挑戦的な歌詞のサビというのは従来もありました。

例えば、有名どころだと『TRF』の『survival dAnce ~no no cry more~』。

本作、『おはようオーパーツ』も挑戦的な歌詞のサビという点では似た類の曲です。

ただ、こちらはアルファベットを繰り返すという暴挙(?)に出ています。

…斬新です!

言葉だけでは”なんのこっちゃ”って感じですよね。聴いたらわかります。

初めて聴いたときは”ふざけてるなぁ”という印象でした。

…そして今もやっぱりそう思います。

ただ、一方で、音楽って自由なんだなということを思い出させてくれます。

“サビの歌詞はアルファベットを繰り返してはいけない”なんてルールはないですもんね。

思いついたことは”やったもん勝ち”です。青春です。

『相対性理論』のボーカルといえば『やくしまるえつこ』ですが、本作『おはようオーパーツ』では、がっつり男性ボーカルも歌に入っています。Bメロはこちらの男性ボーカルがしっかり歌い上げます。

ただ、聴きどころかといえば、別にそうでもないです。この曲の雰囲気には合っていますが。

聴きどころといえば、ベースですかね。

イントロや間奏のギターは同じフレーズの繰り返しですが、ベースのほうは曲が進むにつれて手数が地味に増える作りになっていておしゃれです。

Amazonで試聴できます。

『おはようオーパーツ』収録アルバムレビューリンク

※『相対性理論』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/相対性理論

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】hide/FLAME

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/fate

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/ATENA

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 このバンドが活躍していた90年代後半から00年代前半頃はまだ”中二病”という言 …

【個別楽曲レビュー】MALICE MIZER/〜de merveilles

今や芸能人格付けチェックの常連というイメージが強い『GACKT』。その『GACKT』が在籍していたバンドが『MALICE MIZER』です。 音楽業界の中でも異端な扱いを受けがちなV系バンドですが、そ …

【個別楽曲レビュー】hide/50% & 50%

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。