個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】相対性理論/夏の黄金比

投稿日:2017年4月4日 更新日:

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』!

実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。

メンバーの中ではボーカルの『やくしまるえつこ』がソロでも曲を出したりと、割と有名なんじゃないでしょうか。

今回は、『シフォン主義』の3曲目『夏の黄金比』のレビューです。

※『相対性理論』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/相対性理論

summer

『夏の黄金比』の全体概要

基本情報

アーティスト相対性理論
曲名夏の黄金比
演奏時間3:40
作詞真部脩一
作曲真部脩一
編曲?

『夏の黄金比』、演奏時間3:40にしてアルバム『シフォン主義』の中では最長の曲になります。

改めて、『シフォン主義』はコンパクトにまとめられた曲ばかりだと思わされますね。

『夏の黄金比』収録アルバム

アルバム名トラック#
シフォン主義 3

『シフォン主義』の3曲目に収録されています。

※『夏の黄金比』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

アルバム『シフォン主義』の中で、最も爽やかな1曲です。

歌詞も、一部を除いて爽やかな言葉を選んでいます。「恋」とか「キャンディー」とか「シャンプー」とか。

曲名に「夏」と付いているだけありますね。

“一部を除いて”というのは、途中で突然出てくる箱買い連呼パートのことです。『夏の黄金比』の中で最もインパクトのあるところです。

一度聴けば何のことかわかると思います。

イントロですが、『シフォン主義』1曲目の『スマトラ警備隊』のように叩き付けるようなリズムでインパクトを与えるわけでもなく、2曲目の『LOVEずっきゅん』のようにダサおしゃれな感じでもなく、ギターとベースの爽やかなメロディー構成となっています。

ここのギターとベースのメロディーのかけ合いはシンプルながらも素敵ですね。

ギターのメロディーが動くところはベースは控えめに、逆にベースのメロディーが動くところはギターは控えめになっています。

このパターンは歌が始まっても同じ。ギターの代わりにボーカルとベースのかけ合いを聴くことができます。歌と歌の合間をつなぐベースのフレーズが耳に心地よく届きます。

かけ合いといえば、曲の後半で『やくしまるえつこ』と男性ボーカルとのかけ合いがありますが…これはどうなんでしょう…。

不思議感は確かに出ていますが、それ以上にカオスな印象です 笑。

しかし、この曲のサビってどこなんでしょうね。

…やっぱり、箱買いを連呼するところなんでしょうか。

Amazonで試聴できます。

『夏の黄金比』収録アルバムレビューリンク

※『相対性理論』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/相対性理論

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/今夜はトゥナイト

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。 エアーバンドだけあって、演奏代わりの奇抜なパフォーマンスが目立ちますが、鬼才・鬼龍院翔による独特な視点の楽曲も魅力です。 このまま『 …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/見して 見して

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! シングルのリリースはあったものの、2018年7月現在、未だに復活後のオリジナルアルバムが発表されていません(*)。過去の名盤た …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/L’heure

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/CALL MY NAME

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二です! そんな『the …

【個別楽曲レビュー】チャットモンチー/ツマサキ

キラキラしたかわいい女の子ではなく(失礼)、もっと素の女の子をシンプルなバンドサウンドで表現してきた『チャットモンチー』! 気づけば、数多く存在する部活動的雰囲気を持った現代ガールズバンドの元祖とも言 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。