個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/NECESSARY

投稿日:2018年2月22日 更新日:

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。

特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダンスっぽいサウンドを見事に融合させた、ザ・J-POPでした。

これが日本人の心に響かないわけがない!

今回は、『Every Little Thing』の楽曲、『NECESSARY』のレビューです。

※『Every Little Thing』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/Every Little Thing

people

『NECESSARY』の全体概要

基本情報

アーティストEvery Little Thing
曲名NECESSARY
演奏時間3:47
作詞五十嵐充
作曲五十嵐充
編曲五十嵐充

10thシングル。2000年に『Every Little Thing』を脱退した五十嵐充が作詞・作曲・編曲を担当。

ELT初のベストアルバム『Every Best Single +3』の中では、インスト曲を除くと本作『NECESSARY』が最も演奏時間の短い楽曲になります。

『NECESSARY』収録アルバム

アルバム名トラック#
Every Best Single +310
Every Best Single 〜COMPLETE〜 (Disc 1)11
Every Best Single 2 〜MORE COMPLETE〜 (Disc 1)11

オリジナルアルバムには未収録。

※『NECESSARY』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

休符を使ったメロディーとアレンジが印象的な1曲、『NECESSARY』。

リズムに合わせてシンセの音を縦に重ねるところがちょこちょこ出てきます。このアレンジ、シンセを抜いて、代わりにギターを中心に据え、バンドっぽい形でコピーするのもおもしろそうだなって感じます。

全然ジャンルは違いますが、縦を合わせてバンドアンサンブルを織りなすという点では『LUNA SEA』っぽい仕上がりになりそう 笑。

本作『NECESSARY』、シングルとしては10thにして初めて歌詞中に「愛してる」という言葉が出てきます。安易に「愛してる」という言葉を使わないよう、作詞者の五十嵐充が大事に温めていたのかもしれません。

しかしながら、『NECESSARY』の売上枚数は約23万枚と、既に全盛期を過ぎた感を漂わす結果に終わってしまいました。

『Every Best Single +3』のようなヒット作が詰まったベストアルバムを聴いていると、確かに『NECESSARY』は地味な印象なんですよね…。単体で聴けば普通に良い曲なのですが、周囲のキャラの濃さのせいで埋もれてしまっている感じです。

楽曲の本筋と全く関係ありませんが、曲名の”NECESSARY”というスペルが私はどうしても覚えられません。CとSの位置関係とか、Sを重ねるのかCを重ねるのかとか、そういうところで迷ってしまいます 笑。

Amazonで試聴できます。

『NECESSARY』収録アルバムレビューリンク

※『Every Little Thing』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/Every Little Thing

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】黒夢/Spray

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 メジャーデビュー時はボーカル、ベース、ギターの3人構成だったのですが途中でギターの臣が脱退。その後はメンバー補充することなくボーカル …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/DONNA

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! ギラギラした妖しい容姿、歌謡曲風の曲調、核心を突いた歌詞…そのどれもが絶妙なバランスの上に成り立つ唯一無二のバンドです。 一度 …

【個別楽曲レビュー】B’z/ALONE

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティ …

【個別楽曲レビュー】GLAY/May Fair

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 耳馴染みの良いポップなメロディーと奇を衒わない素直な言葉で、J-POPの王道ともいえる音楽を世に繰り出し、人々を魅了 …

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/イヤホン

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。通称”金爆(きんばく)”。 自分たちの好きなことをするため、あえてメジャーデビューを選ばずにインディーズで活動 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。