個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】GLAY/嫉妬 (KURID/PHANTOM mix)

投稿日:2019年3月31日 更新日:

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。

ヒットソングだけを取り出してみれば、確かに耳馴染みの良い王道J-POPな楽曲で溢れていますが、ひとたび『GLAY』の世界へ足を踏み入れると、そこには成功者ゆえの苦悩に満ちた孤独の世界を垣間見ることができます。

そこは我々凡人にとっては到底辿り着ける境地ではありませんが、その途方に暮れるほどの景色を、TAKUROの紡ぐ言葉とメロディーによって私たちもほんの少しだけ追体験できるような気がします。

今回は、『GLAY』の楽曲、『嫉妬 (KURID/PHANTOM mix)』のレビューです。

※『GLAY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GLAY

lion

『嫉妬 (KURID/PHANTOM mix)』の全体概要

基本情報

アーティストGLAY
曲名嫉妬 (KURID/PHANTOM mix)
演奏時間3:36
作詞TAKURO
作曲TAKURO
編曲GLAY & 佐久間正英

“KURID/PHANTOM mix”と括弧書きが付いていますが、既出曲のミックス違いではありません。世に出ている『GLAY』の「嫉妬」という楽曲は本作のみです。

『嫉妬 (KURID/PHANTOM mix)』収録アルバム

アルバム名トラック#
ONE LOVE3

オリジナルアルバム『ONE LOVE』の3曲目に収録。

※『嫉妬 (KURID/PHANTOM mix)』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

『口唇』、『誘惑』に続く『GLAY』の漢字二文字楽曲、『嫉妬 (KURID/PHANTOM mix)』。

二人の兄と同様、本作『嫉妬 (KURID/PHANTOM mix)』もハイスピードでロックな楽曲になっています。

サビで転調するところや、デジタル色の強い音が採用されているところも、二人の兄と共通するところですね。

本作『嫉妬 (KURID/PHANTOM mix)』のかっこよさは、なんと言ってもオープニングから聴こえる右チャンネルのディレイがかかったギターではないでしょうか。「嫉妬」という言葉から連想されるスリリングな世界観、そして、クールを装いながらも、ふつふつと湧き上がる怒りにも似た感情を見事に表現している演奏だと思います。

そして、感情の抑えが限界を迎えたかのように爆発展開されるサビ!

思い切って1音上へ転調するのも、こういった感情の爆発を表現する手法の一つなのでしょう。”これを待っていたんです!”と言いたくなるほど、気持ちいい展開ですね。クセになります。

本作『嫉妬 (KURID/PHANTOM mix)』、『口唇』や『誘惑』とは違いシングルにはなりませんでしたが、それらに引けを取らない魅力を持つ楽曲だと思います。

こんなにかっこいい曲なのにベストアルバム未収録ですので、本作『嫉妬 (KURID/PHANTOM mix)』が唯一収録されているアルバム『ONE LOVE』はそれだけでも手にする価値は高いです。

Amazonで試聴できます。

『嫉妬 (KURID/PHANTOM mix)』収録アルバムレビューリンク

※『GLAY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GLAY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/ガラス玉

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/Twelve

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 アンダーグラウンドで知的で過激。当時の10代リスナーはある種の選民思想を抱きながら『PIERROT』の …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/フリージアの少年

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! ギラギラした妖しい容姿、歌謡曲風の曲調、核心を突いた歌詞…そのどれもが絶妙なバランスの上に成り立つ唯一無二のバンドです。 一度 …

【個別楽曲レビュー】JUDY AND MARY/PEACE

女性ボーカルに男性楽器隊という編成で平成の日本音楽史に数々のヒットソングを送り込んだバンド『JUDY AND MARY』。 1993年のメジャーデビュー後、6枚のオリジナルアルバムを残して2001年に …

【個別楽曲レビュー】ポルカッドットスティングレイ/サレンダー

2017年、ブレイク間違いなし(と思っていたけど、あんまりそうでもなかった)バンド、『ポルカドットスティングレイ』!! 影ながら活動を応援していましたが、2017年11月にとうとうメジャーデビューを果 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。