個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】GLAY/口唇

投稿日:2017年12月17日 更新日:

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。

デビューが『X JAPAN』のYOSHIKIプロデュースだったこともあり、ヴィジュアル系というカテゴリーに分類されることが多いバンドですが、音楽性は完全にJ-POPのそれ。

メンバー間の仲の良さがにじみ出る優しい楽曲に心癒された方も多いのではないでしょうか。

今回は、『GLAY』の楽曲、『口唇』のレビューです。

※『GLAY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GLAY

model

『口唇』の全体概要

基本情報

アーティストGLAY
曲名口唇
演奏時間3:36
作詞TAKURO
作曲TAKURO
編曲GLAY & 佐久間正英

11thシングル。

本作『口唇』で『GLAY』はシングル初のオリコン第1位を獲得しました。累計売上枚数は約99万枚。

曲名の読み方は”くちびる”。

“唇”という漢字1字で”くちびる”と読むので、PCなどで”くちびる”と打っても”口唇”に変換できません。”口唇”と打ちたい場合、本来の読み方、”こうしん”と打って変換すると”口唇”が変換候補に出てきます。

『口唇』収録アルバム

アルバム名トラック#
REVIEW-BEST OF GLAY7
DRIVE-GLAY complete BEST (DISC 1)2
THE GREAT VACATION VOL.2 〜SUPER BEST OF GLAY〜 (Disc 1)14
REVIEW II -BEST OF GLAY- (TAKURO盤)9

オリジナルアルバム未収録で全てベストアルバムでの収録。

『THE GREAT VACATION VOL.2 〜SUPER BEST OF GLAY〜』ではシングルとは異なり、ピアノイントロが追加されたバージョンになっています。

※『口唇』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

イントロなしで、いきなりサビから始まるところにインパクトを感じる1曲、『口唇』。

『GLAY』の中では『誘惑』と並ぶ知名度を持つ、ロックな楽曲ですね。

『口唇』も『誘惑』も曲名が漢字二文字という見た目にわかりやすい共通点があります。さらにどちらもサビから始まり、どちらも曲中で転調をするという点も共通しています。

逆に『口唇』と『誘惑』の違いですが、本作『口唇』の方が電子音のピコピコが目立つ感じがします。

上でも少し触れましたが、『口唇』の特徴の一つとして、転調があげられます。

まぁ、J-POPの世界では転調自体はそんなに珍しいものでは無いんですけどね。例えば、最後のサビだけ半音上に転調してクライマックスを盛り上げてみたり、といった具合に。

ただ、本作『口唇』の転調はよくあるJ-POPのそれとは少し違います。

なんと、“最初のサビだけ転調していない”のです!

これはどういうことか、もう少し具体的に書きましょう。

イントロなしで始まる最初のサビのキーはCm。続くAメロ、BメロもCm。その後のサビでEmに転調。間奏、ギターソロでまたCmに戻り、同じキーでBメロへ。そして最後のサビでまたEmに転調

つまるところ、最初のサビだけAメロなどと同じキーのCmで、2回目以降のサビは全てEmになっているのです。

イントロなしで始まるサビで『口唇』という曲のおいしい部分を披露したかと思いきや、”まだ本命は隠れていたんだぜ!”とでも言わんばかりに飛び出す転調した2回目のサビ

これこそ『口唇』のスリリングなかっこよさを生み出している秘訣だと思います。

…まぁ、文章で説明してもこの魅力はうまく伝わらないと思います。なので、未試聴の方は是非“最初のサビ”“2回目のサビ”に注目して聴いてみてください。

『口唇』収録アルバムレビューリンク

※『GLAY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GLAY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/さよなら冬美

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。 エアーバンドだけあって、演奏代わりの奇抜なパフォーマンスが目立ちますが、鬼才・鬼龍院翔による独特な視点の楽曲も魅力です。 このまま『 …

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/Rusty Nail

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …

【個別楽曲レビュー】hide/50% & 50%

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/Time goes by

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【個別楽曲レビュー】相対性理論/小学館

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。 最初のミニアルバム『シフォン主義』の発表から10年以上が経過した …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。