個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】GLAY/RHAPSODY

投稿日:2017年12月17日 更新日:

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。

デビューが『X JAPAN』のYOSHIKIプロデュースだったこともあり、ヴィジュアル系というカテゴリーに分類されることが多いバンドですが、音楽性は完全にJ-POPのそれ。

メンバー間の仲の良さがにじみ出る優しい楽曲に心癒された方も多いのではないでしょうか。

今回は、『GLAY』の楽曲、『RHAPSODY』のレビューです。

※『GLAY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GLAY

boy

『RHAPSODY』の全体概要

基本情報

アーティストGLAY
曲名RHAPSODY
演奏時間5:18
作詞TAKURO
作曲TAKURO
編曲GLAY & 佐久間正英

『RHAPSODY』収録アルバム

アルバム名トラック#
BELOVED12
REVIEW-BEST OF GLAY8

オリジナルアルバム『BELOVED』の12曲目に収録。本作『RHAPSODY』がアルバム『BELOVED』の最終トラックになります。

そして売れに売れまくったベストアルバム『REVIEW-BEST OF GLAY』にも収録。

※『RHAPSODY』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

8ビートのアップテンポな1曲、『RHAPSODY』。

夏っぽい曲だなと思っていましたが、歌詞を改めて見てみると、”夏”とか”サマー”ってワードは出てこないってことに気づきました。でも、この『RHAPSODY』を聴くと、晴れ渡る青い空と海が頭の中に浮かんでくるんですよね。

言葉ではなく、曲の雰囲気でさわやかな開放感を表現している、そんな1曲です。

3rdアルバム『BELOVED』では最終トラックに収録されており、アルバムを明るく締める役割を担っています。

『BELOVED』は、9曲目に『春を愛する人』、10曲目に『カーテンコール』、11曲目に『都忘れ』と、後半にバラード系の名曲ラッシュが来ますが、アップテンポな『RHAPSODY』を12曲目の最終トラックに配置することで、『GLAY』というバンドは飽くまでもロックバンドなんだということを主張しているように思えます。

ベストアルバム『REVIEW-BEST OF GLAY』には、アルバム『BELOVED』から本作『RHAPSODY』が選ばれて収録されています。

名曲という意味では『春を愛する人』や『カーテンコール』なんかに軍配が上がりそうですが、ロックバンドのベストアルバムということで、アップテンポな楽曲を選択したということでしょうかね。

バラード系の楽曲は、『BELOVED』、『ずっと2人で…』、『HOWEVER』等の収録を優先させ、他に入る余地がなかったのかもしれません。

Amazonで試聴できます。

『RHAPSODY』収録アルバムレビューリンク

※『GLAY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GLAY

-個別楽曲レビュー
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/Please, forgive me

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/ドラキュラ

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 2006年突如解散してしまいましたが、最近になってライブを開催してみたりファンクラブを再始動させたりと …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/満月に照らされた最後の言葉

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 2006年突如解散してしまいましたが、最近になってライブを開催してみたりファンクラブを再始動させたりと …

【個別楽曲レビュー】黒夢/Unlearned Man

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 メジャーデビュー時はボーカル、ベース、ギターの3人構成だったのですが途中でギターの臣が脱退。その後はメンバー補充することなくボーカル …

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/ハツミ

2014年メジャーデビューの後、2015年に紅白歌合戦へ出演と、国民的なバンドへ成長していた矢先、例の不倫事件で世間のイメージが急降下してしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』。 とは言え、有名人が不倫 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。