個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】ポケットビスケッツ/Red Angel

投稿日:2017年5月5日 更新日:

テレビのバラエティー番組から生まれた音楽ユニット『ポケットビスケッツ』。

メンバーはウッチャンナンチャンの内村光良、千秋、キャイーンのウド鈴木の3人構成。『ポケットビスケッツ』はかなり昔に活動休止してしまいましたが、メンバーの皆さんはそれぞれ大活躍されています。

バラエティー番組の企画とは思えないほど高クオリティーの楽曲をリリースし、本当に真面目に名曲も生まれています!!この先も聴き継がれていくこと間違いなしですね。

今回は、『ポケットビスケッツ』のベストアルバム『THANKS』の4曲目、『Red Angel』のレビューです。

※『ポケットビスケッツ』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/ポケットビスケッツ

angel

『Red Angel』の全体概要

基本情報

アーティストポケットビスケッツ
曲名Red Angel
演奏時間4:28
作詞CHIAKI & ポケットビスケッツ
作曲パッパラー河合
編曲パッパラー河合

3rdシングル。

2ndシングルの『YELLOW YELLOW HAPPY』に続き、3rdシングルの本作もミリオンヒットを記録しました。売り上げは110万枚近くに上り、この数字は東北地方で最も人口の多い仙台市の人口に匹敵します。

『Red Angel』収録アルバム

アルバム名トラック#
Colorful6
THANKS4
THANKS 20th Edition 〜Pocket Biscuits Single Collection+3

オリジナルアルバム『Colorful』の6曲目に収録。

※『Red Angel』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

オリエンタルなメロディのイントロが印象的な1曲。

知名度のあるアーティストがリリースすれば、間違いなくヒットしそうなくらいキャッチーでかっこいい仕上がりです。『Red Angel』は『YELLOW YELLOW HAPPY』で『ポケットビスケッツ』の世間的知名度が上がったタイミングで世に出たため、ミリオンヒットを記録したのも必然だったと言えるでしょう。

歌詞といい曲調といい、どことなくV系バンドの香りがします。

かなり古いバンドですが、『Psycho le Cemu』が近いかなぁ。

時系列的には『Red Angel』の方が先に世に出ていますが 笑。

『YELLOW YELLOW HAPPY』が『ポケットビスケッツ』の代名詞的な曲ですが、『Red Angel』にも耳を傾けていただければなと思います。

きっと『ポケットビスケッツ』の幅の広さを感じてもらえるはずです。

Amazonで試聴できます。

2016年に20th Editionも出ています!

収録内容が『THANKS』とは若干違いますが、有名どころはしっかり押さえてあるラインナップです。

『Red Angel』収録アルバムレビューリンク

※『ポケットビスケッツ』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/ポケットビスケッツ

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】相対性理論/地獄先生

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。 メンバーの中ではボーカルの「やくしまるえつこ」がソロでも曲を出し …

【個別楽曲レビュー】GLAY/電気イルカ奇妙ナ嗜好

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 ヒットソングだけを取り出してみれば、確かに耳馴染みの良い王道J-POPな楽曲で溢れていますが、ひとたび『GLAY』の …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/「天と地」と「0と1」と

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 2006年突如解散してしまいましたが、最近になってライブを開催してみたりファンクラブを再始動させたりと …

【個別楽曲レビュー】黒夢/feminism

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 1994年のメジャーデビュー後、順調にセールスを伸ばしていた中1999年に無期限の活動停止を発表。そしてその約10年後の2010年、 …

【個別楽曲レビュー】hide/MISERY

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。