個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/Chelsea Girl

投稿日:2019年2月23日 更新日:

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!!

このバンドを紹介する際、当たり前のように『THE YELLOW MONKEY』と打ち込んでいるわけですが、よく考えるとこの言葉って、元は東洋人を差別する言葉なわけで。

もしGoogle先生がこのバンド名を差別表現にあたると分類し始めたら、『THE YELLOW MONKEY』の記事をバンバン上げている私のサイトはインターネット上から抹消されるでしょう。…そのときは、お察しください。

今回は、アルバム『THE NIGHT SNAILS AND PLASTIC BOOGIE』の5曲目、『Chelsea Girl』レビューです。

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

caramel

『Chelsea Girl』の全体概要

基本情報

アーティストTHE YELLOW MONKEY
曲名Chelsea Girl
演奏時間2:56
作詞吉井和哉
作曲吉井和哉
編曲THE YELLOW MONKEY

本作『Chelsea Girl』がアルバム『THE NIGHT SNAILS AND PLASTIC BOOGIE』の中で最も演奏時間の短い楽曲です。

『Chelsea Girl』収録アルバム

アルバム名トラック#
THE NIGHT SNAILS AND PLASTIC BOOGIE5
TRIAD YEARS THE VERY BEST OF THE YELLOW MONKEY (act I)6

オリジナルアルバム『THE NIGHT SNAILS AND PLASTIC BOOGIE』の5曲目に収録。

※『Chelsea Girl』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

アルバム『THE NIGHT SNAILS AND PLASTIC BOOGIE』収録曲の中で最もスピード感のあるロックナンバー『Chelsea Girl』。

当時多用していたストリングスが使われておらず、ギター、ベース、ドラム、ボーカルといった最小限の楽器数で勝負している楽曲です。演奏時間も短くまとめてあり、疾走感で駆け抜ける様子を楽しむタイプの楽曲というところでしょうかね。

本作『Chelsea Girl』、インディーズアルバムの『Bunched Birth』を含めて、『THE YELLOW MONKEY』が初めてロックのシンプルさを追求した作品ではないでしょうか。

ただ、そのシンプルな構成ゆえか、音質の古さがけっこう目立ちます。1992年の作品ですから、録音技術の進歩した現代の楽曲と比べてしまうと、こういった感想は多少仕方のない部分があるのですが。

元々持っているポテンシャルは高い楽曲だと思いますので、現代の音響環境の整ったライブなんかで聴くと、きっとまた違った印象を持つことになるような、そんな気がします。

Amazonで試聴できます。

『Chelsea Girl』収録アルバムレビューリンク

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】相対性理論/地獄先生

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。 メンバーの中ではボーカルの「やくしまるえつこ」がソロでも曲を出し …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/FALLOUT

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 後世に与えた音楽的影響度もさることながら、ファンのことを“SLAVE&#822 …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/Stars

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! ギラギラとした妖しい雰囲気はそのままに、復活後の彼らの楽曲には溢れんばかりの優しさを感じます。 離れ離れになっていた十数年とい …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/sure

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 1996年にデビューし、2016年に20周年を迎えました。 2000年前後ほどの派手なヒットはありませんが …

【個別楽曲レビュー】黒夢/後遺症 -aftereffect-

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 ヴィジュアル系にカテゴライズされるイメージがありますが、その音楽性はアルバムをリリースする度にガラッと変わっており、一つのジャンルで …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。