個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】PIERROT/CREATURE

投稿日:2019年7月16日 更新日:

宗教的なカリスマ性中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。

このバンドが活躍していた90年代後半から00年代前半頃はまだ”中二病”という言葉が一般的ではありませんでしたが、今の基準で言えば”中二病”の定義にぴったり当てはまるバンドではないでしょうか。

そもそもヴィジュアル系というジャンルそのものが中二病患者にぶっ刺さりがちなのかもしれませんが、この『PIERROT』というバンドは中二病における幅広い症状(属性)に対応できるという点で特に多大な信者を生み出したものと思われます。

今回は、『PIERROT』の楽曲、『CREATURE』のレビューです。

※『PIERROT』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/PIERROT

hands

『CREATURE』の全体概要

基本情報

アーティストPIERROT
曲名CREATURE
演奏時間3:26
作詞キリト
作曲キリト
編曲PIERROT & 成田忍

5thシングルのA面曲。

『CREATURE』収録アルバム

アルバム名トラック#
PRIVATE ENEMY2
DICTATORS CIRCUS -A variant BUD-5
HELLO COMPLETE SINGLES AND PV COLLECTION (Disc 1)7

メジャー2ndアルバム『PRIVATE ENEMY』の2曲目に収録。こちら、表記はありませんがシングルとは異なるアレンジになっています。

※『CREATURE』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

メジャー1stアルバム『FINALE』リリース後の第1弾シングル『-CREATURES-』。その実質A面の楽曲が本作『CREATURE』です。

アルバム『FINALE』に収録されたシングル楽曲はいずれも丁寧・緻密で手の込んだ作りという感じでしたが、その数か月後にリリースされた本作『CREATURE』は一転して歪んだ音色のツインギターによるバンドサウンドを前面に押し出した攻撃性溢れる1曲になっています。

ツインギターと言えばヴィジュアル系の2台巨頭である『X JAPAN』と『LUNA SEA』が思い浮かびますが、本作『CREATURE』は『LUNA SEA』っぽいツインギターの絡み方ですね。ツインギターを左右に振り、それぞれが掛け合うようにサウンドを作り上げています。

『LUNA SEA』の楽曲で言えば、『TIME IS DEAD』とか『TRUE BLUE』のAメロで聴けるあの感じです。

アルバム『PRIVATE ENEMY』では前曲『THE FIRST CRY IN HADES (GUILTY)』のアウトロから繋がるように本作『CREATURE』へ移り変わります。曲の内容も”生命の誕生”→”暴走”と、ストーリーが繋がるようにバトンが受け渡されていますね。

本作『CREATURE』イントロの“アッセッ…ガゥッ!”で暴走のスイッチが入る瞬間(伝わらない?)は『PRIVATE ENEMY』序盤における最も気持ちいいところだと思います。

『CREATURE』収録アルバムレビューリンク

※『PIERROT』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/PIERROT

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/風の行方

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】黒夢/for dear

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 メジャーデビュー時はボーカル、ベース、ギターの3人構成だったのですが途中でギターの臣が脱退。その後はメンバー補充することなくボーカル …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/Twelve

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 アンダーグラウンドで知的で過激。当時の10代リスナーはある種の選民思想を抱きながら『PIERROT』の …

【個別楽曲レビュー】ポルカッドットスティングレイ/ハルシオン

2017年、ブレイク間違いなし(と思っていたけど、あんまりそうでもなかった)バンド、『ポルカドットスティングレイ』!! 女性ボーカルとギター、ベース、ドラムといった、シンプルな構成の4人ロックバンドで …

【個別楽曲レビュー】相対性理論/小学館

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。 最初のミニアルバム『シフォン主義』の発表から10年以上が経過した …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。