個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/TRUE BLUE

投稿日:2018年3月11日 更新日:

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。

ヴィジュアル系というジャンルにおけるバンドアンサンブルの方針、特に、ツインギターの絡み方を打ち出したのは、このバンドではないでしょうか。『X JAPAN』と並び、後輩バンドへ大きな影響を与えたヴィジュアル系バンドの大御所です。

今回は、『LUNA SEA』の楽曲、『TRUE BLUE』のレビューです。

※『LUNA SEA』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/LUNA SEA

inside

『TRUE BLUE』の全体概要

基本情報

アーティストLUNA SEA
曲名TRUE BLUE
演奏時間3:45
作詞LUNA SEA
作曲LUNA SEA
編曲LUNA SEA

4thシングル。

オリコンシングルチャートで『LUNA SEA』が初めて第1位を獲得した作品です。

『TRUE BLUE』収録アルバム

アルバム名トラック#
MOTHER9
SINGLES (Disc 1)4
PERIOD 〜THE BEST SELECTION〜7
LUNA SEA COMPLETE BEST (Disc 1)4
LUNA SEA 25th Anniversary Ultimate Best -THE ONE- (DISC 2)5

オリジナルアルバム『MOTHER』の9曲目に収録。

※『TRUE BLUE』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

バンドサウンドを縦に合わせたキメが印象的な1曲、『TRUE BLUE』。

オープニングだったりサビの始まる前だったり、楽曲の大事な部分でこのキメが繰り返し使われています。なので、『TRUE BLUE』と言えば”ダッダッダッダッダーダーダー“というこのキメが真っ先に思い浮かぶのではないでしょうか。シンプルでありながらも頭に残るフレーズです。

上述のキメに隠れてしまいがちですが、Aメロのギターの掛け合いも、個人的には本作の聴きどころだと思っています。

右チャンネルのギターと左チャンネルのギターが、まるで会話しているかのように掛け合うのが聴いていて面白いです。

ただ、もったいないことに、『TRUE BLUE』ではAメロを1回だけしかやっててくれません。演奏時間の短さから察するに、贅肉と思われるところはバッサリ削ぎ落しているんでしょうね。

本作『TRUE BLUE』、惜しむらくはギターソロでしょうか。

シンプルさを突き詰めた結果か、ギターソロのフレーズがサビのメロディーをなぞったような形になっており、ちょっと物足りなさを感じてしまいます。

今の構成でも十分かっこいいんですが、ギターソロにもう少し尺を取って凝ったフレーズにしくれてもよかったのにな、というのが私の正直な感想です。

Amazonで試聴できます。

『TRUE BLUE』収録アルバムレビューリンク

※『LUNA SEA』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/LUNA SEA

-個別楽曲レビュー
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/市民野郎

2014年メジャーデビューの後、2015年に紅白歌合戦へ出演と、国民的なバンドへ成長していた矢先、例の不倫事件で世間のイメージが急降下してしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』。 以降、あまり良くないイ …

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/CELEBRATION

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/創生児

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 復活後も精力的に新作を発表してくれるのがとても嬉しいです。 テレビなんかでは、過去の名作を披露してくれることが時々ありますので …

【個別楽曲レビュー】GLAY/真夏の扉

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 同郷の友人で組んだバンドが天下を取るという、少年漫画もびっくりの熱いストーリーも『GLAY』の魅力の一つです。青春を …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/I Wish

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。