アルバムレビュー

【アルバムレビュー】LUNA SEA/SINGLES

投稿日:2018年8月28日 更新日:

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。

後世に与えた音楽的影響度もさることながら、ファンのことを“SLAVE”と呼称し、”バンドとファンが作り上げる閉鎖的空間”というヴィジュアル系独特の文化を創り出したのも『LUNA SEA』が先駆けだったのではないでしょうか。

今回は、『LUNA SEA』のベストアルバム、『SINGLES』のレビューです。

※『LUNA SEA』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/LUNA SEA

ocean

『SINGLES』の全体概要

アーティストLUNA SEA
アルバム名SINGLES
発売日1997/12/17
収録曲数 (Disc1)8
収録曲数 (Disc2)7
演奏時間 (Disc1)38:14
演奏時間 (Disc2)40:55

『LUNA SEA』活動休止中にリリースされたベストアルバム。

シングル・アルバムを通して『LUNA SEA』唯一ミリオンヒットを記録した作品です。

演奏時間はDisc1が38:14、Disc2が40:55、合わせて79:09です。

Disc1にはシングルのA面、Disc2にはシングルのB面がリリース順に収録されています。

レビュー

『SINGLES』の収録曲別お気に入り度

各収録曲のお気に入り度はこんな感じです。

Disc1

#曲名お気に入り度
1BELIEVE★★★★★5
2IN MY DREAM (WITH SHIVER)★★★★☆4
3ROSIER★★★★★5
4TRUE BLUE★★★★★5
5MOTHER★★★★☆4
6DESIRE★★★★☆4
7END OF SORROW★★★★★5
8IN SILENCE★★★★★5

Disc2

#曲名お気に入り度
1Claustrophobia★★★★☆4
2SLAVE★★★★★5
3RAIN★★★★★5
4FALLOUT★★★★☆4
5LUV U★★★★☆4
6TWICE★★★★☆4
7Ray★★★★★5

シンプルに全部好き 笑。

※『SINGLES』収録曲ごとの個別楽曲レビューもしています。こちらからどうぞ。

『SINGLES』全体の感想

1stシングル『BELIEVE』~8thシングル『IN SILENCE』までについて、A面をDisc1に、B面をDisc2に収録した作品が本作『SINGLES』。

Disc1が8曲収録されているのに対し、Disc2が7曲収録なのは、5thシングル『MOTHER』のカップリング曲(『Dejavu (Live Version)』)が収録されていないためです。

Disc1には『LUNA SEA』の代表曲と言える『ROSIER』や『TRUE BLUE』といった楽曲が収録されていますので、一見豪華なラインナップに見えます。

…しかし、『LUNA SEA』解散後に当時の全てのシングルA面曲が収録された『LUNA SEA COMPLETE BEST』なるものがリリースされています。

※再始動後のシングルは収録されていません。

こちらのDisc 1が本作『SINGLES』Disc1の全曲を包含する形になっており、ほぼ完全上位互換になっています。

なので、シングルA面目的であれば、『LUNA SEA COMPLETE BEST』をオススメします(厳密には、『LUNA SEA COMPLETE BEST』にはアルバムバージョンが収録されている楽曲もあるため、完全上位互換にはなっていません)。

そんなわけで、本作『SINGLES』のアイデンティティはむしろB面集のDisc2と言えるわけです。

ただし、B面集と侮ることなかれ

確かに”キャッチーさ”や”派手さ”といった部分はA面に譲りますが、『LUNA SEA』というバンドの持つ深みを堪能するなら、むしろB面の楽曲に軍配があがります。

かく言う私も、最初はA面集のDisc1目当てに『SINGLES』を手に取った口なのですが、段々と濃い楽曲を詰め合わせたDisc2の方を愛聴するようになりました 笑。

Amazonで試聴できます。

『SINGLES』収録曲の個別楽曲レビューリンク

※『LUNA SEA』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/LUNA SEA

-アルバムレビュー
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【アルバムレビュー】PIERROT/パンドラの匣

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 2006年突如解散してしまいましたが、最近になってライブを開催してみたりファンクラブを再始動させたりと …

【アルバムレビュー】L’Arc〜en〜Ciel/ark

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【アルバムレビュー】ゲスの極み乙女。/踊れないなら、ゲスになってしまえよ

2014年メジャーデビューの後、2015年に紅白歌合戦へ出演と、国民的なバンドへ成長していた矢先、例の不倫事件で世間のイメージが急降下してしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』。 とは言え、有名人が不倫 …

【アルバムレビュー】ゴールデンボンバー/ゴールデン・アルバム

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。 エアーバンドだけあって、演奏代わりの奇抜なパフォーマンスが目立ちますが、鬼才・鬼龍院翔による独特な視点の楽曲も魅力です。 このまま『 …

【アルバムレビュー】GLAY/ONE LOVE

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 ヒットソングだけを取り出してみれば、確かに耳馴染みの良い王道J-POPな楽曲で溢れていますが、ひとたび『GLAY』の …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。