個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/RAIN

投稿日:2018年9月2日 更新日:

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。

後世に与えた音楽的影響度もさることながら、ファンのことを“SLAVE”と呼称し、”バンドとファンが作り上げる閉鎖的空間”というヴィジュアル系独特の文化を創り出したのも『LUNA SEA』が先駆けだったのではないでしょうか。

今回は、『LUNA SEA』の楽曲、『RAIN』のレビューです。

※『LUNA SEA』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/LUNA SEA

girl

『RAIN』の全体概要

基本情報

アーティストLUNA SEA
曲名RAIN
演奏時間5:32
作詞LUNA SEA
作曲LUNA SEA
編曲LUNA SEA

3rdシングル『ROSIER』のカップリング曲。

『RAIN』収録アルバム

アルバム名トラック#
SINGLES (Disc 2)3
SLOW2
LUNA SEA COMPLETE BEST (Disc 3)5

ベストアルバム『LUNA SEA COMPLETE BEST』にも収録されていますが、Disc 3はASIA LIMITED EDITION限定です。

※『RAIN』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

『LUNA SEA』のカップリング曲に多い後半爆発系楽曲の一つ、『RAIN』。

この手の後半爆発系楽曲って、けっこう取っ付きにくいと思うんです。盛り上がるところへ辿り着くまでに何分も焦らされますし、サビがはっきりしていないことも多いので。

ただ、後半爆発系楽曲は『LUNA SEA』を存分に楽しむ上では必須科目になっています!

有名どころの『ROSIER』とか『STORM』ももちろんすばらしいんですけど、後半爆発系楽曲をしっかり履修・修了して、『LUNA SEA』の世界観を上手に泳げるようになってほしいです。

『LUNA SEA』の後半爆発系楽曲は「Aメロ→Bメロ→サビ」という1コーラス単位の小さな起承転結と、楽曲全体で表現する大きな起承転結で構成されています。

後半爆発系楽曲は”盛り上がるまで時間がかかる”だとか”サビがはっきりしていない”なんて書きましたが、なんと本作『RAIN』のサビはけっこうわかりやすい作りになっています。小さな起承転結レベルでも十分に楽しめる楽曲なわけですね。

まさに、本作『RAIN』は後半爆発系楽曲の初級編としては持って来いのポジションなのです。

事実、私も後半爆発系楽曲が多数収録された『SINGLES』Disc2は”けっこう退屈な一枚だなぁ”なんて思っていたのですが、#3の本作『RAIN』の良さに気づいてから『LUNA SEA』というバンドの奥深さをより一層楽しめるようになりました

まずは、本作『RAIN』を聴き、後半サビの「今まですべて…」で発散されるエネルギーを味わってみてください!痺れます!

それから、本作『RAIN』についてはアウトロにも注目してほしいですね。

感情を抑えてゆっくりと瞬く星のようなギターのアルペジオがロマンティックで素敵です。この上ない起承転結の”結”を演出してくれます。

『RAIN』収録アルバムレビューリンク

※『LUNA SEA』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/LUNA SEA

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】黒夢/S・A・D

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 メジャーデビュー時はボーカル、ベース、ギターの3人構成だったのですが途中でギターの臣が脱退。その後はメンバー補充することなくボーカル …

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/千以上の言葉を並べても…

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET …

【個別楽曲レビュー】GLAY/カナリヤ

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 シングル、アルバムともにミリオンヒットを連発し、商業的な成功という意味においては、『GLAY』のデビューをプロデュー …

【個別楽曲レビュー】相対性理論/おはようオーパーツ

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。 メンバーの中ではボーカルの『やくしまるえつこ』がソロでも曲を出し …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/WALL

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 復活後も定期的に新作をリリースして楽しませてくれるのみならず、ライブでは最新の技術によって …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。