個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/二人のロケット

投稿日:2017年4月26日 更新日:

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。

女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。

丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET CROW』の魅力です。

今回は、『GARNET CROW』の個別楽曲、『二人のロケット』のレビューです。

※『GARNET CROW』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GARNET CROW

rocket

『二人のロケット』の全体概要

基本情報

アーティストGARNET CROW
曲名二人のロケット
演奏時間4:44
作詞AZUKI七
作曲中村由利
編曲古井弘人

『GARNET CROW』のメンバーで作詞・作曲・編曲を行っています。

『二人のロケット』収録アルバム

アルバム名トラック#
first kaleidscope ~君の家に着くまでずっと走ってゆく~2
first soundscope 〜水のない晴れた海へ〜4
Best (Disc 1)4
THE BEST History of GARNET CROW at the crest… (Disc 1)3
THE ONE 〜ALL SINGLES BEST〜3

インディーズミニアルバム『first kaleidscope ~君の家に着くまでずっと走ってゆく~』が初収録です。

メジャーデビュー後のファーストアルバム『first soundscope 〜水のない晴れた海へ〜』で再度収録され、さらにベストアルバムには複数回収録されました。

※『二人のロケット』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

曲名に”ロケット”がつく言えば、『hide』の『ROCKET DIVE』ですよね!

まさに”ロケット”という言葉から連想するスピード感を体現しています!

一方、『GARNET CROW』の『二人のロケット』は全く別の角度で”ロケット”を見ています。

スピード感ではなく、ロケットの持つ“不安定感”に焦点を当て、恋愛初期の様子に重ねた一曲です。「墜落」なんていう危ない言葉まで出てきます。

曲調も『GARNET CROW』らしくおとなしめですね。ピアノとアコースティックギターをメインに据えたサウンドです。『hide』の『ROCKET DIVE』と比較すると、同じ”ロケット”を題材にしながら、全く別物になっていることがわかります。

もちろん、2曲とも素敵です!

カタカナで”ロケット”と表現するのもどことなく可愛らしさがあると思いません?金属の塊でできたリアルなロケットではなく、子供がクレヨンで描いたようなロケットを連想してしまいます。

あと、出てくる単語にどうしても時代を感じますね。「ビデオ」って単語、初めてこの曲を聴いたときはなんとも思わなかったんですけどね…。

高校生くらいの子が聴いたら”昭和時代の曲?”とか思っちゃうのかな…。

『二人のロケット』収録アルバムレビューリンク

※『GARNET CROW』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GARNET CROW

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】GLAY/HOWEVER

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 デビューが『X JAPAN』のYOSHIKIプロデュースだったこともあり、ヴィジュアル系というカテゴリーに分類される …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/長いため息のように

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二です! そんな『the …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/Looking Back On Your Love

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/死の灰

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】GLAY/Trouble On Monday

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 『GLAY』の商業的全盛期はTAKUROがメインコンポーザーとしてシングルA面楽曲の全てを作詞作曲していましたが、2 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。